YaMa_Home blog -新潟木の家 自然素材の注文住宅-

自然素材とテクノロジーを匠が活かす。心地よいデザインと高い断熱・構造性能を目指して・・・山口工務店

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

図面を清書中

今週の頭に「百津の家」の建て主さんへの基本設計のプレゼンと打ち合わせがありました。

用意した図面をもとにしたプレゼンは、事前に建て主さんから頂いていた要望を盛り込み、尚且つ私からは心地よさのエッセンスをそっと盛り込んだ数プランをご提案。

「百津の家」の建て主さんは自分たちの住まいの中に欲しい要素やイメージを当初からおぼろげながらも明確に言葉で発していました。
その辺の建て主さんの”意思”となる設計条件と予算、そして設計者としての思惑(笑)をうまくミックスするのは中々骨の折れる作業でした。

散々悩みぬいたお陰で上手くまとまり、提案プランに対して変更なくご了承いただけました。

今回で設計打合せは2回目だったのですが、プレゼン資料は時間もなく手書きで色鉛筆を併用したスケッチ調の提案図面でした(苦笑)ので、今日はそのプランを改めてCAD化(清書)しています。



限りある予算を合理的に建物内で消化するために、住まいの箱となる建物の平面形状は完全スクエアの総2階建。
中には思い切って削いだ平面要素もありますが、それも受け入れていただいて正直ほっとしています。

「小さいながらもメリハリを持ち、広く豊かに使う」という事をコンセプトにまとめたプランは出来上がってみればあっさりした平面要素の集合体となりました。
悩んだ割にはその悩みを感じられないあっさりさ(苦笑)

まだ途中ですがこの図面がまとまればあとはパース図を作って改めて建て主さんに見ていただこうと思います。
関連記事

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。