YaMa_Home blog -新潟木の家 自然素材の注文住宅-

自然素材とテクノロジーを匠が活かす。心地よいデザインと高い断熱・構造性能を目指して・・・山口工務店

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

屋根工事:瓦棒葺き -雪焼けならぬガルバ焼け-

「稲荷の家Ⅰ」では中で大工による間柱建てと筋交、金物取付け、そして屋根では板金屋による屋根工事が進んでいます。

全景090616

新潟も梅雨入りしているハズのなのですが、御覧の通りすこぶる快晴。暑いくらいです(笑)


そして、屋根の上ではこれまたこの天候ではある種悪条件と言わざるを得ない板金屋の職人たち。
屋根は最近では施工が少なくなった「瓦棒葺き」で葺いていきます。
屋根_瓦棒葺き090616
瓦棒葺きの葺き方にもいくつかありますが、新潟ではキャップ式の心木なしの瓦棒で葺くのがスタンダード。
もう一つに心木を通した瓦棒葺きもありますが、冬季に雪が堆積する地域ではその葺き方からくるディテール上、防水面でリスクが高すぎるので避けられるのが定石です。

屋根は屋根面に求める種々の品質・性能として、現在は最も総合点が高いと当社でも考えているガルバリウム鋼板。
色がマットなつや消しとはいえシルバーですので、職人さんも完全照り返し状態。
上も見ても下を見ても太陽光線を強烈に浴びるという状態であります。
これぞ、雪焼けならぬガルバ焼け・・(苦笑)

■設計・施工:株式会社山口工務店
■問合せ先:TEL 0250-62-0318
        FAX 0250-62-7977
        E-mail yamahome@chive.ocn.ne.jp
関連記事

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。