YaMa_Home blog -新潟木の家 自然素材の注文住宅-

自然素材とテクノロジーを匠が活かす。心地よいデザインと高い断熱・構造性能を目指して・・・山口工務店

外部塗装工事 - 大平板打ち放し仕上げの可能性 -

今日ようやく「百津の家」の足場が外れました。
足場という外部障壁が取れ、晴れ晴れと外部が顔を出すこの瞬間。いつもながら気持ちものです。

さて、時間は少しさかのぼりますが先週外部の塗装工事が行われました。

外装材の基本は長尺横葺きのガルバリウム鋼板ですが(こんな姿)、一部の外壁は大平板の塗装仕上げとしています。

通常木部以外の塗装となると外部は軒天程度ですが、今回は塗装範囲が結構あります。
外壁部分は水掛かりとなるため、下地に防水シーラー処理をした後、合成樹脂エマルションペイント 指定色を2回塗りとしています。

外部塗装

大平板+塗装仕上げは初めて施工する組み合わせなのですが、塗装は別として下地シーラー処理した時の大平板の風合いが意外によく、「大平板打ち放し仕上げ」は面白いかもしれないというのが今後の可能性として伺えます。

大平板はセメント系スレートボードに大別され、住宅でもよく使うケイ酸カルシウム板と同属。
そのケイカル板との違いは、曲げ強度が強くそれに伴い堅く、重いという施工者泣かせ(汗)
セメント質の含有量が高い(推測)せいか、見た目もケイカル板より色が濃く、よりコンクリート色に近いという印象です。

そんな大平板ですが、シーラー処理した際の少しウェットな表情が無機質ながら中々いい風合い。
ただ課題はまだありそうで、シーラー処理した時の吸い込みが一様にはいかないので、シーラー処理仕上げとしようとすると1回では塗りムラが大きいので数回は必要かな?という印象。

施工した塗装屋さんも、「シーラー処理2ないし3回でいけるかもしれない」と。
コストも踏まえ、この辺の最適解を見いだせれば今後「使える仕上げ」となる可能性があります。


そんなわけで、塗装してる脇で「なんか勿体ないなぁ」と塗装指示した自分自らぼやいていたのでした(苦笑)

■設計・施工■
株式会社山口工務店
■問合せ先■
TEL : 0250-62-0318
FAX : 0250-62-7977
E-mail : yamahome@chive.ocn.ne.jp
blog左下のメールフォームからもどうぞ
関連記事

0 Comments

Leave a comment