YaMa_Home blog -新潟木の家 自然素材の注文住宅-

自然素材とテクノロジーを匠が活かす。心地よいデザインと高い断熱・構造性能を目指して・・・山口工務店

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外部木製横格子(再考)

「稲荷の家Ⅰ」の建物正面には米杉104(ワンバイフォー)材を横使いで貼り、格子を製作します。

先週材料を頼んだのですが、今更ながら格子のピッチと貼る面積を再考しました。
計画段階で決めてはいたのですが、現実に立ちあがった建物を前にすると色々と邪念が・・・(汗)

写真では、丁度この4本の下屋の柱を覆うように米杉の板を貼っていきます。
玄関下屋R0018114
当初の仕上がりは、図面ではこんな感じとし、格子の上部を少し開放することとしてのですが、その開放具合の”塩梅”を再考することに。

始めは現場であーだこーだ悩んでいたのですが、想像力の限界で煮詰まってしまったので(汗)会社に持ち帰り再検討。

写真をPCに取り込みPhotoshopで少々傾きを補正しCADに取り込みます。
その後、CADで仮想格子を作成し建物に割り付け。
こうするとかなりリアルに完成時の印象を確認することができます。
玄関横格子本数検討

左は当初計画、右は格子を上まで全て張り上げた状態、真中はその中間。

現場では、右の写真のように全て張り上げた方がいいかな?とも思いましたが、上まで張り上げてしまうと外部に対して”閉じた”印象となり、閉鎖的。
やはり格子の上部は少し空間を持たせるのが正解のようです。

最終的に真中の写真の割り付けで最終決定といたしました。

■設計・施工■
株式会社山口工務店
■問合せ先■
TEL : 0250-62-0318
FAX : 0250-62-7977
E-mail : yamahome@chive.ocn.ne.jp
blog左下のメールフォームからもどうぞ
関連記事

- 4 Comments

sagami  

さすがハイテク使いですね。

全部上まではさすがによくないですね。
植栽と道路との距離によりますが。
私ならば さらに下の格子をもう4本くらい抜くかもしれない。

2009/09/08 (Tue) 08:34 | EDIT | REPLY |   

masakazu  

sagamiさん

格子の使い方は毎回悩みどころです。
周りの環境によって”最適”が変わりますからね。

私はいつも文明の利器に助けられています(笑)

2009/09/08 (Tue) 14:23 | EDIT | REPLY |   

noko  

フォトショップ、便利なんですね(汗)

iphoneを含め、機械に弄ばれています(涙)

2009/09/09 (Wed) 17:46 | EDIT | REPLY |   

masakazu  

nokoさん

昨夜iPhone OS3.1が出ました。iTunesからアップデートを!←全然関係ない情報

Photoshopは決まり切った機能しか使っていませんが、今では手放せないアプリです。

2009/09/10 (Thu) 09:32 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

- 1 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  横格子の取付け,
  • 「稲荷の家?」では最後の大工工事となる外部の木製横格子の取付けが始まっています。 最後に少し格子の本数と割り付けを調整しましたの...
  • 2009.09.30 (Wed) 20:55 | YaMa_Home blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。