YaMa_Home blog -新潟木の家 自然素材の注文住宅-

自然素材とテクノロジーを匠が活かす。心地よいデザインと高い断熱・構造性能を目指して・・・山口工務店

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

塗装工事:外部用米杉材の塗装

「稲荷の家Ⅰ」の外部には米杉材を使った木製横格子を製作します。
先回はその張り方の再考をしていたわけですが、今日からその米杉への塗装工事が始まりました。

塗装は材料の加工・取付け前に行います。

米杉オスモカラー塗りR0018223

勿論張ってから塗ることもできますが、張ってしまうと材料の重なり部分がそもそも塗れませんし、やはり平場で一気に塗る方が作業効率が高いのです。

米杉オスモカラー塗りR0018231

今回塗料には「オスモカラー ウッドステインプロテクター」を使用。

バインダー材としての主成分が天然由来の植物油(ヒマワリ油や大豆油)でその割合も高く、溶剤の成分も妥協せずしっかり配慮して作られていますので、塗料の匂いとして全く不快感はありません。

ここで匂いを伝えるのは無理ですが、鼻につく変な溶剤臭さもなく、ソフトでやさしい匂い?とでもいいましょうか。。。

塗料価格が比較的高めですが、それも相応なコストパフォーマンスだと考えます(汗)

「百津の家」の時は施主工事による塗装大会でしたが、「稲荷の家Ⅰ」はプロ工事です(笑)

■設計・施工■
株式会社山口工務店
■問合せ先■
TEL : 0250-62-0318
FAX : 0250-62-7977
E-mail : yamahome@chive.ocn.ne.jp
blog左下のメールフォームからもどうぞ
関連記事

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。