YaMa_Home blog -新潟木の家 自然素材の注文住宅-

自然素材とテクノロジーを匠が活かす。心地よいデザインと高い断熱・構造性能を目指して・・・山口工務店

階段材の加工

通常階段は、現場での作業性や安全面の意味でも行程の中でも比較的早い段階で取り付けますが、諸事情が絡んで遅れていた「坂井の家」の階段材の加工が始まりました。

今日は工場に入ってきた階段材を図面に基づき加工を行っています。

階段加工080521_1


上に見える材は、階段の踏板(足が乗る水平部材)と蹴込板(つま先方向にある垂直材)になる材料です。
板厚は全て30mmとし、踏板、蹴込板ともに仕上がると木口面が化粧で現しとなるよう設計しています。

今回は予算の関係で、比較的廉価なゴムの集成材を段板に使用します。
ゴムはご覧の通り色目が比較的明るい材なので、最終的にはフロア材との色合わせも兼ねて塗装仕上げとします。

予算に余裕があれば無垢材などで赤味と木目のより美しい材を選びたいところです。

階段加工080521_2


この階段で採用する納まりは、一般的な階段の仕上げ方とは少し違っていて、尚かつ加工に手間が掛かります。
手間は掛かりますが、最終組み上がると段板が階段の形体なりに奇麗な稜線を描いてくれます。
そんな意匠的な意図もあり今回の階段には一手間を掛ける事にしました。

お陰で図面を描くのも一手間でしたが、加工する大工も設計意図と図面を飲み込むのに少しだけ時間が必要でした(笑)




今の住宅階段の主流は、メーカーの既製品を使用し全てメーカー工場でプレカットされたいわゆる”プレカット階段”を現場で組み立てるだけとなっています。

それはそれでメリットもありますが、大工の手仕事と設計者の自由な発想を削いでしまっているという残念な側面もあります。

我々工務店としては、許す限りその”ひと手間”を惜しまないようにしたいと考えています。



新潟市西区坂井にて「坂井の家」を含む2区画を分譲中。
ご興味のある方には詳細をご紹介いたします。
当ブログの問い合わせフォーム、メール、電話またはFAXにてお問い合わせください。

「坂井の家」6月下旬にオープンハウス開催予定。
詳細は決定次第お知らせいたします。

■設計・施工:株式会社山口工務店
■問合せ先:TEL 0250-62-0318
        FAX 0250-62-7977
        E-mail yamahome@chive.ocn.ne.jp
関連記事

0 Comments

Leave a comment