YaMa_Home blog -新潟木の家 自然素材の注文住宅-

自然素材とテクノロジーを匠が活かす。心地よいデザインと高い断熱・構造性能を目指して・・・山口工務店

竣工写真アルバム - その3 -

「百津の家」竣工写真アルバムその3からは内観写真となります。



YAM090824_078L1_web_2.jpg
家の中心となるリビングは、飾らないナチュラルな空間。
リビングから南面に大きくデッキが連続することで内部空間と外部空間が曖昧になり、空間の豊かさを獲得している。

YAM090824_094_web_2.jpg
リビングを40cm下げスキップさせることで生まれる変化。下げた事で生まれた階段ステップは自然と腰を落とすベンチになり、思い思いに自分の居場所ができる。

決して広くはない床面積をいかにして数字以上の豊かな空間とするか。”変化”と”豊かさ”という建て主の要望と設計者の考えを一つにまとめたのがこのリビングになっている。



YAM090824_112_web_2.jpg
室内建具は主張しすぎないことを念頭に、シナべニアによるアウトセット引戸とすることで建具枠のないシンプルな構成とした。
時間と共にシナも色付き、よい風合いが出てくることに期待している。



YAM090824_017_web_2.jpg
キッチンは建て主が可変的に使いたいという希望により、扉の無いシンプルな構成とした。
コストダウンを図るためキッチン天板は既成品を使用し、架台はシナランバーコアを使い大工製作とし、仕上げはオイルフィニッシュとした。

YAM090824_103_web_2.jpg

「百津の家」には食事のためのいわゆるダイニング専用スペースがない。(むしろ意図的になくしている)食事の場所はリビングとなり、言うなれば日本家屋の伝統的茶の間のような使い方をする。
リビングは家族が集う場であり来客ももてなす、そしてそこで食事も取るというスタイルが「百津の家」住み方となる。
ただし、慌ただしい朝の時間帯や簡単な軽食はキッチンの反対に設けたカウンターでサッと済ますことができるようにしてある。



この空間に身を置き五感で感じる豊かさは、無垢の床や建具、そして左官で仕上げた壁や天井によるものが大きい。
床は足の裏や手で触れる触覚、温度感。壁や天井は目で感じる柔らかで揺らぎのある質感が人間本来の波長と見事に対応してる。



”心地いいデザイン”、”心地いい家づくり”これが当社が目指す家づくりのあり方ですが、「百津の家」ではそれをうまく一つのカタチに出来たと思います。


内観写真後半のエントリへと続きます。


・写真:村井勇/アトリエラボン

≪竣工アルバム - 百津の家 -≫
外観写真 - その1 -
外観写真 - その2 -

■設計・施工■
株式会社山口工務店
■問合せ先■
TEL : 0250-62-0318
FAX : 0250-62-7977
E-mail : yamahome@chive.ocn.ne.jp
blog左下のメールフォームからもどうぞ
関連記事

0 Comments

Leave a comment