YaMa_Home blog -新潟木の家 自然素材の注文住宅-

自然素材とテクノロジーを匠が活かす。心地よいデザインと高い断熱・構造性能を目指して・・・山口工務店

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住宅版エコポイント制度が始まる

家電業界に続き、いよいよ住宅業界でも来年度からエコポイント制度が始まりそうだ。

 政府は28日、省エネ対応型住宅の新築や改築を行った場合に商品やサービスと交換できる「住宅版エコポイント」制度の費用として、2009年度第2次補正予算案に約1000億円を計上する方針を固めた。

 ポイント支給は、10年1~12月に着工することが条件となる。外壁や窓の断熱性能が高く、冷暖房や給湯による消費電力が少ない新築住宅が対象。二重窓の設置や、床や外壁に断熱材を使った改築、段差解消などのバリアフリー対応型改修も対象に加える。具体的なポイント数は今後検討する。

 住宅は、すでにエコポイント制度が導入されている薄型テレビやエアコンなどの省エネ家電と異なり、工事の確認が必要になる。

 このため、第三者機関がチェックする仕組みを取り入れるなどして、不正な申請を防ぐ考えだ。

 住宅産業は、昨秋のリーマン・ショック以降の景気悪化で低迷が続き、09年度上半期(4~9月)の新設住宅着工戸数は比較可能な1965年以降の上半期で最少だった。

 住宅は関連産業のすそ野が広いため、エコポイント制度の導入で「国内材の需要振興につながり、工務店の仕事も増える」(前原国土交通相)などの景気浮揚効果が期待される。

(出典 : 省エネ、バリアフリーに住宅版エコポイント(YOMIURI ONLINE))



制度の趣旨は環境対策(エコ)なので、住宅の省エネ化を基軸に段差解消などのバリアフリー対応もエコポイントの対象とするようだ。対象となるのは新築および既存建物改修の2本建て。



仮にこの補正予算が通るとすると、1000億が国民に還元されることになるわけだが、1棟当たりのポイント付与がどれほどかは今のところ不明だが、皮算用してみると

・エコポイント制度予算:1000億
・新築住宅着工数:80万戸/年
 (改修物件は無視する)

→新築全てがエコポイント制度を利用 : ¥12.5万/戸
→新築の半数40万戸がエコポイント制度を利用 : ¥25万/戸

という大凡のが金額が予想できる。
ただし、家電業界でのエコポイント同様、ポイントの付与はエコ商品(住宅では設備や工事内容)の規模によってポイント数は変わってくるので建物によってポイント数は変動するのではないかと思うが、大体のところ最大でも1戸当たりで¥50万程度を国は想定してる予算組みなのではないだろうか。

いずれにせよ、2010年1月からの着工が対象となるともうあと1ヶ月。予算通過してから本格的に動き出すにせよ、建築業界側では制度の仕組みと運用方法などなど今すぐにでも情報が欲しいというのが本音だ。



建築の場合、家電製品との違いは基本、現場での一品生産ものだということ。つまり、出来上がったものの品質は設計と施工という人の手のクオリティに大きく左右される。住宅版エコポイント制度ではそれを補うために第三者機関でのチェック体制が敷かれるわけだが、あまりにも運用の仕組みを複雑化しすぎると性能表示制度や長期優良住宅制度(こちらはまだ少しはマシか?)のように申請する際の作業量の増大が申請ハードルを上げて、ひいては”使いにくい制度”となりかねないので、国にはその辺のかじ取りを十分慎重に取っていただきたいと思っています。

<追記(ここから)>
■関連エントリ
2009.12.09 住宅版エコポイントは新築で定額30万円
・2010.01.20 住宅版エコポイント制度講習会と制度最大の疑問
<追記(ここまで)>


でも、よく周りを見渡すと・・・

車業界ではエコカー減税&補助金を合算すると100万や200万の購入額の1~2割は還元される訳で、それと比べると2000万、3000万という桁が一つ違う住宅で最大50万(予想)程度って・・・土地代も含むとしても、少なくないか?
関連記事

- 6 Comments

sagami  

そして 50万円分のJCBギフト券が配布されたw
となると換金ショップが儲かりそうですw

かつて緊急経済対策で超省エネ住宅補助みたいなのがあったと思うが、申請の時間的余裕がなく、ミサワとハイムとで過半数を占めたという事態が発生。
結局巨大資本のPR上手に食われかねない 住宅版エコポイント制度。
笛を吹いて無邪気におどるという構図は たぶん今回もそうでしょう。

2009/12/01 (Tue) 10:10 | EDIT | REPLY |   

toy-order  

少ねぇ~~~~!

2009/12/01 (Tue) 15:44 | EDIT | REPLY |   

noko  

いつもの様に、制度が始まってみないと、まだどんな基準やポイントになるかわからないんですよね?

地域の工務店や設計事務所にも、早く情報を流して欲しいですよね。

2009/12/01 (Tue) 17:41 | EDIT | REPLY |   

masakazu  

sagamiさん

住宅産業が家電や車業界と違うのは、企業規模が小~大まであって制度を乗りこなす能力にバラつきがあること。
当然大手は組織と資本力で難なく乗りこなすでしょうが、中小工務店、更には一人大工クラスの規模ではたして乗りこなせる制度になるかどうか。
業界のテコ入れを真剣に考えるなら目線は下基準でしょう。
省エネ化に対するエコポイント付与ならば、性能規定に加えて仕様規定をしっかり整備して、町場の大工でも申請できる位にしなければ的外れになると思ってます。

2009/12/01 (Tue) 20:32 | EDIT | REPLY |   

masakazu  

toyさん

腹黒補助金大王のtoyさんからしたらうま味はないでしょう(爆)
早く制度の基準を知りたいですね!

2009/12/01 (Tue) 20:34 | EDIT | REPLY |   

masakazu  

nokoさん

今の時点で補正予算に上げるとか言っているレベルで実施は来月1月からとなると、家電エコポイントの時と同じで見切り発車となる可能性大ですね。

2009/12/01 (Tue) 20:36 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

- 2 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  住宅版エコポイントは新築で定額30万円
  • 先回、「住宅版エコポイント制度が始まる」とエントリを書きましたが、その後エコポイントの”金額”について具体的なニュースが入ってきま...
  • 2009.12.09 (Wed) 23:15 | YaMa_Home blog
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。