YaMa_Home blog -新潟木の家 自然素材の注文住宅-

自然素材とテクノロジーを匠が活かす。心地よいデザインと高い断熱・構造性能を目指して・・・山口工務店

Appleがタブレットデバイス"iPad"を発表 - ここから見える未来像 -

かねてから「Appleからタブレット型デバイスが出るぞ」と噂されていましたがついに発表されました。

iPad.jpg

その名は「iPad(アイパッド)」。

ん~、まずこのネーミング。他にも噂はあったものの、現行のiPodと文字のカタチ、音ともに限りなく近いのでこのiPadはまずないだろうと思っていましたが、ずばり来てしまった(笑)
他にはiSlate(アイスレート)という噂もありましたが、建築関係者がスレートと聞くと屋根材のスレート瓦を連想しあまりいいイメージがない(爆)

もしも平均的な日本企業の感覚でネーミング会議が行われたならば、「"iPad"か・・なかなかいい呼び名だが今のiPodと完全に被るではないか、それでは消費者が混乱する。他にはないのか?」と即却下されるでしょう。
そんな私もiPadは同じ理由から「一番ないだろう」と。。。凝り固まった硬い脳に反省・・・"Think Different"



さてこのiPad、何がどうなのかといいますと、立ち位置としては今のMacとiPhoneの間を埋めるカテゴリ。
細かな仕様説明は他のwebにお任せるとして、少し乱暴にiPadを説明するとすれば

「iPod touchがサイズアップし大きさ機能共にパワフルに。そして書籍が読めて(iBook)、オフィススイートが使える(iWorks)道具」

とでもいいましょうか。

大きさはA4版を一回り小さいくしたサイズ。リビングで大きな画面でwebやメールしたり、本(電子ブック)を読んだりするスタイルが想像できます。

このiPadの上で走るアプリの一つに新しくiBookが加わります。iBookは電子ブックリーダーですので、今後は先人のKindleと強く比べられ熾烈な競争(業界標準フォーマット争い)にも繋がっていくことでしょう。



iPadは容量別に"16GB"、"32GB"または"64GBモデル"。通信方式別に"Wi-Fiモデル"と3G通信を搭載した"Wi-Fi + 3Gモデル"のラインナップとなります。
日本ではまずはWi-Fiモデルが3月下旬に先行発売。Wi-Fi + 3Gモデルは通信が絡むのでキャリア対応も含めて現在は未定となっています。

iPadから始まる新しいスタイルはその機能の一つ、「iBook(電子ブックリーダー)」にあると感じます。
2001年に初めて"iPod"が世に出て以降、音楽の聴き方や買い方など音楽との関わり方、大きくは業界ビジネスモデルも激変したように、iPadの登場は先人のKindleそしてAppleのiPad(iBookアプリ)が参入したことで次は出版業界に変化の波と我々のライフスタイルの再定義がなされることは容易に想像できます。

皆さんはこのiPadで新しい未来が想像できませんか?

Appleはよく他の企業との比較で「Appleは物を売る企業ではなく、新しい思想やスタイルを定義し指し示す企業だ」と言われます。
この辺りの企業姿勢がこうしたiPadを生み出すのだと思うと納得がいきます。これは何もコンピュータ業界だけに言えることではないので、我々も強く刺激されます。



macwebcaster.comさんがiPad発表のスペシャルイベントの映像を日本語訳付きで公開されています。

"Come see our latest creation" Event in Japanese Part 2

いつもいつもありがとうございます。
関連記事

6 Comments

homary  

ブログでははじめまして

Twitterからお邪魔します☆

ネーミングの件、僕も同感ですw
どう考えても紛らわしい。。商標登録とかいろいろ裏事情があったかもしれませんが。
Pod、PodTouch、Pad、Phoneと、グループ化を狙ったのかな。MacBookなどのラップトップと1線を引いた形で一般の家庭に馴染みやすくしたかったのかな、とも思いました

あと、iBook関連の新機能ですが、こちらもつかみ所のない感じで残念ながら興奮するまでは行かなかったです。。日本のみならず世界中でどこまで定着するか全く想像できません。僕自身は、活字メディアは"そこにある"という事実が重要というか、、あくまで質感を伴うものでないといけないと思っています。おそらく教育や医療などでの活躍と期待しているのだと思いますが、その当りは?ですね。苦笑

iTunes+iPodのような憧れのニューヨーカーたちが白いイヤホンで白いデジタルプレーヤーで音楽を聞いて街を歩く姿、あのイメージ戦略に比べると、今回の発表はちょっと控えめだなぁと。
そう考えると、ジョブスがソファに座ってiPadを操作していたのは家の中での先進的なスタイルをイメージさせたかったのかも。

いずれにせよ、あぁ、さすがジョブスと言わせてくれることと期待してます。(アップル信者の基本姿勢w)

僕としては、今回の発表で値段の安さと機種の軽さ・薄さに惹かれました。正直、iPhoneと同じ事(電話以外)をデカイ画面でできるってだけで十分ですw

というわけで、僕の事務所でもプレゼン、打ち合わせ用と称して購入検討中ですw

2010/01/29 (Fri) 12:21 | EDIT | REPLY |   

toy-order  

身長50cmぐらいの外人さんが、
iPhone持ってるぅ~~♪
とか言いながら動画見ました。

たぶん買ってしまう・・・

2010/01/29 (Fri) 13:59 | EDIT | REPLY |   

masakazu  

homaryさん

どうもいらっしゃいませ(笑)
正直iBookの日本、そして世界規模での波及度はまだ?の領域。過去日本でも何社か同様の電子書籍デバイスを作り普及を図りましたがコンテンツ(=書籍)不足と目論見以下の伸び悩みで撤退した歴史があります。
詳しい背景は判りませんが、それはビジネスモデルが原因かはたまた先進的すぎたかはわかりませんが、結局は社会に定着しませんでした。

そんな中、Kindleは出版業界に新しいビジネスモデルを持ち込み言わば革命児として殴り込み?したわけです。

話を基、iBookがiPodと同じくライフスタイルの一つとして化けるかどうかは未知。それは現代の背景(ITネットワークの発達とデバイスの進化)において前例がないから、まさに神のみぞ知るといったところ。販売戦略はあっても成功体験がないから。判っている事はiPadを手にすればハッピーになれるということ←これ重要。
ただ、よく考えるとAppleが他と違うところはそんな新しい様式を創造して未来を示すところではないかと。古くはマウスとアイコンのGUIコンピュータであるMacから始まりiMac、iPod、iPhoneどれも同じ思想が根底にあって世に出てきたものだと感じます。

要はアップルは楽しく、面白い会社なのですよ(笑)
思いつくまま書きなぐって長文失礼しました。

2010/01/29 (Fri) 21:59 | EDIT | REPLY |   

masakazu  

toyさん

あ~それはその板がデカイからですよ。遠近法、遠近法(笑)

iPhone使いがiPodに流れる。素晴らしいビジネス戦略じゃないですか。それに乗ってください!(爆)

2010/01/29 (Fri) 22:02 | EDIT | REPLY |   

homary  

再びお邪魔しますw

>判っている事はiPadを手にすればハッピーになれるということ←これ重要。
これ非常に納得です。汗
要は、今回のiPadの発表の中には、"iPhone-PCの中間役"という魅力と共に、"iBookは本当に大丈夫か"という問題を抱えてるってことで、結局のところiBookが浸透するどうこう置いといて、買ってしまいそうなんですよね、、笑

iBookに関しては、正直悲観的です。iPhoneでもそういうアプリ(本、雑誌、漫画)多々ありますが、結局のところ触らなくなりましたからねぇ。やっぱ本は本でしょ。みたいな。

前者の"iPhone-PCの中間役"っていうのは予想できたことですし、便利だし文句ないんですが、AppleなりのiBookという新サービスをどう展開するか、電子書籍をどう位置づけるかが知りたかった。まだ触ってないので詳しくはわからないですが、本という物質感をリアルにキレイに見せるというところに力を入れていたように思います。そこはさすがと唸りました。それ以外では結局のところ見えず。。という感じです。

あと、インカメラがなかったこと。。これ結構痛いです。ビデオチャットできないじゃん。。って。。SDスロットもないじゃん。。プレゼンで写真とか見せないのに。。次期iPhoneOSも見たかったなぁ。。

とまぁ、Appleの話になれば言いたい事次から次へと出て来ますね。笑
長文おつきあいありがとうございます★ということでお邪魔しました(><)

2010/01/30 (Sat) 11:56 | EDIT | REPLY |   

masakazu  

homaryさん

iBooksの日本での展開は気長に待たねばならないと思ってます。
あのiTunes StoreでさえUS発表から日本に来るまで2年程掛かってるわけで、既得権の問題整理や調整などなどオトナの事情を考えるとまだまだ掛かるだろうなと思ってます。
事実、日本のAppleサイトにはiBooksに関する記述が無いw

文面から察しますにhomaryさんはかなり、そして私もリアル”本”派なので(苦笑)そういった世代にどうiBooksを訴求してくるか、改心させてくるかが今後でしょうね(笑

正直、今も音楽は形の無いiTunes Storeよりは現物のCDがいいと思ってるので。。。そういう世代はもしかしてもう感性が古い人間の部類なのかもしれません(苦笑)

2010/02/01 (Mon) 21:13 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment