YaMa_Home blog -新潟木の家 自然素材の注文住宅-

自然素材とテクノロジーを匠が活かす。心地よいデザインと高い断熱・構造性能を目指して・・・山口工務店

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3Dパースとその意味

「百津の家Ⅱ」は予算最終調整中であともう一息。

建て主さんとの打合せの中では、全体ボリュームや空間イメージをつかんでもらうためにスタディー模型レベルのCGパースを作成して説明していきます。
これは初期の頃に提出したプレゼン用のパースモデルです。

百津の家Ⅱ_3Dパース


手摺の意匠などはザックリでこれから詰めていきますが、設計段階ではCADでこれくらのモデルを立ち上げておきます。(この時はVectorworksでモデリングしてRenderworksでレンダリング)

後は打合せの際、画面をお互い見ながらグルグル回したり拡大縮小、壁や屋根を取ったり(消したり)視点を変えたりしながらコミュニケーションしていきます。

こうした建物モデルを作る意図は設計者の頭の中を余すことなく建て主さんと”共有”したいから。
設計者側と建て主側とが同じ視点と感覚を共有することが、すなわち建物の価値を共有することにイコールとなります。言わばこうしたパース、時には模型やサンプルが設計者と建て主との間に入る”通訳”になるわけです。
通訳のいない海外旅行を想像してください、どんなに素晴らしい場所にいっても感動半分、話半分、理解不能(苦笑)それでは楽しくありません。

我々でさえ空間やディテールは想像できても最後は何度もペンを握ってあれこれスタディし納得のいく形に詰めるわけで、お客様に図面一枚で建築全てを想像してもらうのは無理なお願い。逆にそれが可能ならその術を伝授いただきたい(苦笑)



これくらのモデルを作る時に私が意識していることは、あえて立ち上げるモデルにテクスチャとしてリアリティーを与えないこと。
その理由は、一つは仕上げイメージを固定化したくない(仮に決まっていても)こと。もう一つは所詮CGはCG、バーチャルな域を超えて実物にイコールなものとはならないから。そうした理由であえてホワイト系のモデルで仕上げます。

最近のCAD、特に住宅専用CADと言われているものは、パソコンのマシンパワーが上がったことでかなりリアルなパースが短時間で簡単に描けるようになりました。レンダリングの優秀さや実物の写真をテクスチャに使ったり、反射光を再現したりなどなど目を見張るあっぱれな性能です。
それでも結局はCGはCGなのです。実際に完成した建築から受けるリアリティとはニュアンスが違います。
逆に困るのが今のCGはリアルを追及しすぎているので、CGとの微妙なギャップに違和感を覚える場合があります。

CAD開発側は仕上りのリアリティを求めます。が、申し訳ありませんが私はテクスチャガッチリのパースは不要。そっけないソリッドなモデルで十分、その方が私流(笑)仕上がりの確認には現物見本をいくつも作って建て主さんと一緒に確認します。
・・CAD開発者のモチベーションを下げるつもりはありませんので誤解無きよう(苦笑)

■設計・施工■
株式会社山口工務店
■問合せ先■
TEL : 0250-62-0318
FAX : 0250-62-7977
E-mail : yamahome@chive.ocn.ne.jp
blog左下のメールフォームからもどうぞ
関連記事

- 0 Comments

Leave a comment

- 1 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  CADウォークスルー
  • 「百津の家?」のプレゼンの時は紙ベースのプレゼンボードと合わせて、人の視点で建物内を疑似的に歩いたウォークスルー(GC動画)を作成しま...
  • 2010.02.09 (Tue) 20:26 | YaMa_Home blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。