YaMa_Home blog -新潟木の家 自然素材の注文住宅-

自然素材とテクノロジーを匠が活かす。心地よいデザインと高い断熱・構造性能を目指して・・・山口工務店

建物本体の米杉ベベルサイディング貼り

「百津の家リノベ」の現場は建物本体の外壁工事に入っています。
外壁はおおよそ2階建ての1階部分に米杉のベベルサイディングを、2階部分の壁にはガルバリウム鋼板の大波を貼っていきます。

まずは大工工事として1階部分のベベルサイディングを貼っていきます。

R0020171_1.jpg


現場には米杉ベベルサイディングが入ってきています。断面は丁度クサビ状の三角形断面をしています。
これを真鍮スクリュー釘を使って1枚1枚貼っていきます。



米杉ベベルサイディングは普通の外壁材よりも幅が狭いのと、水平を見ながら墨を出し1枚づつの施工ですから施工スピードは中々遅く貼り手間がかかりますので現場はジワジワとしたスピードで進んでいきます。

R0020206_1.jpg


おまけに既存の外壁に貼っていきますので、現状付いてるフードやメーター類、配管を逃げながらの施工ですからそんな設備類が集中する部分に差し掛かると途端に施工スピードが落ちます(苦笑)
それでも大工達は淡々とていねいに施工してくれています。



コーナー出隅部分の納め方(施工方法)は何通りかありますが、今回はコーナー部分をスッキリ綺麗に納めるために横貼りのベベルサイディング本体を伸ばして加工、出隅役物を使用せず納めています。

R0020207_1.jpg


R0020230_1.jpg


役物を入れた方が施工は楽ですが、一手間掛ければ役物を入れた時の余計な線も入らず、スッキリとした綺麗な建物コーナーを作ることができます。

■設計・施工■
新潟木の家 自然素材とテクノロジーを匠が活かす|山口工務店
■問合せ先■
TEL : 0250-62-0318
FAX : 0250-62-7977
E-mail : yamahome@chive.ocn.ne.jp
blog左下のメールフォームからもどうぞ
関連記事

0 Comments

Leave a comment