YaMa_Home blog -新潟木の家 自然素材の注文住宅-

自然素材とテクノロジーを匠が活かす。心地よいデザインと高い断熱・構造性能を目指して・・・山口工務店

地盤改良工事

基礎工事に先立ち、地盤改良工事を行いました。
ここ「百津の家Ⅱ」の周辺地盤はよく知る場所でしたので調査前から改良必須であることと、おおよその支持層深さは把握していました。

地盤調査の結果は予想通り改良必須。支持層深さは2.7mで予定より数十cm深いところに支持層があることを確認。
この場所は古くは田んぼでその上に宅地造成で土を盛っていますので、支持層までの2.7mは大した地耐力が取れないのは明白でした。

R0020422_地盤改良1

地盤改良は深層地盤改良(いわゆる柱状改良)とし、支持層に到達するようにセミパイル(コンクリートの柱のようなもの)を作っていきます。

R0020421_地盤改良2


φ600(直径60cm)のセミパイルを27本作り、その上に乗っかるように建物本体の基礎を作っていきます。

よく地盤の悪い場所で適切な基礎形式や地盤改良を行わなかった場合に基礎毎建物が傾いたりする悪例がありますが、こうして地盤改良を行い支持層(硬い地盤)に対して杭を建てることで、建物の自重や地震などの大きな力を受けても地球にしっかり根を張り踏ん張ってくれます。

終わってしまえば全く意識することがない超脇役なのがこの地盤改良工事ですが、無くてはならないまさしく”縁の下の力持ち”なのです。

■設計・施工■
新潟木の家 自然素材とテクノロジーを匠が活かす|山口工務店
■問合せ先■
TEL : 0250-62-0318
FAX : 0250-62-7977
E-mail : yamahome@chive.ocn.ne.jp
blog左下のメールフォームからもどうぞ
関連記事

0 Comments

Leave a comment