YaMa_Home blog -新潟木の家 自然素材の注文住宅-

自然素材とテクノロジーを匠が活かす。心地よいデザインと高い断熱・構造性能を目指して・・・山口工務店

外壁ガルバ色 現場検討会

「百津の家Ⅱ」は建方も終わり、現場が落ち着いたところで外壁の最終色決めをおこないました。

外壁はガルバリウム鋼板の小波貼り。当社では定番の外壁仕様です。
設計段階の打合せで大筋の色は決まっていましたが、最終は現物を現場に持ち込み建て主さん参加の下、現場検討会を開きます。

R0020643_外壁ガルバ色現場検討会

今回は3色の候補を持ち込みました。
こうして現場検討会の時間を取ることも大切なプロセス。実際の現場で合わせてみて初めて感じるものもあります。時にはこの段階で当初とは違ったものに決まることも。

打合せをしている室内では光の質も違えば反射も違う。ましてや小さな見本帳だけを見て決めると後で当初の印象と違ったものになったりします(色の面積効果)。
とはいえ、実際に全部張った姿を確認できるわけではないので、こうした並べて想像力150%働かせながら腕組みするわけです(苦笑)



大きな方向性的には白ではないグレー系統。小波の柔らかいリズムとガルバの色を組み合わせ、建て主さんの人柄も意識した”ソフトタッチな外皮”を目指します。
ガルバリウム鋼板の外壁には、アクセントとして木製格子や屋根の先の破風板などの木質系が挿し色として入る計画です。

最終的には一番右手のグレー色(品番:ニスクカラー フリントグレー)で決定となりました。

<関連エントリ>
・2010.08.20 外壁工事|小波ガルバリウム鋼板張り

■設計・施工■
新潟木の家 自然素材とテクノロジーを匠が活かす|山口工務店
■問合せ先■
TEL : 0250-62-0318
FAX : 0250-62-7977
E-mail : yamahome@chive.ocn.ne.jp
blog左下のメールフォームからもどうぞ

■お知らせ■
会社バナー
ホームページをリニューアルしました。当社の住宅に対するスタンス、設計コンセプトなどかみ砕いた説明をしています。
関連記事

0 Comments

Leave a comment