YaMa_Home blog -新潟木の家 自然素材の注文住宅-

自然素材とテクノロジーを匠が活かす。心地よいデザインと高い断熱・構造性能を目指して・・・山口工務店

自家製 水出しアイスコーヒーの作り方

初めて水出しアイスコーヒーを作りました。

初物一発目は完璧とはいきませんでしたので、反省も兼ねて作り方をおさらいします!

<用意するもの>
・コーヒー豆
・水
・ピッチャー(容量0.5L)
・水出し用パック(冷茶パック)

R0021207_0.jpg

豆は挽き立てを用意。
水出し用パックの色が黒っぽいのは、たまたま買ってきたのが炭繊維配合だからで特に意味はありません。(使った水出しパックはこれ→「冷茶水だし名人」
水はアルカリイオン還元水。
ピッチャーは水出し用に適当な物がなかったのでこのために買いました!冷蔵庫にもジャストフィットで取っ手も付いていて扱いやすい。デザインも素敵なクワドロのピッチャー0.5L(ネット最安はここ)
クワドロのピッチャーはガラス製ですので繰り返し使ってもコーヒーの色や臭いが移ったりしないので安心です。このピッチャーは1Lサイズのものでよくミルクやオレンジジュースなどが入ってるのを見ますね。



<作り方>
水出しパックに豆を投入(写真左上)。豆の量はコーヒーメジャースプーン4杯分。←勘で適当に決めたこの分量がどうやら少なかったようです。
このパックはよく出来ていて、袋状になっている上の部分をひっくり返すとそのまま蓋になります(写真右上)。

ice_coffe100822.jpg

ピッチャーに水を入れます。コーヒーパックが入ることを考えて水は400mlくらい←大体。
豆を入れたパックが完成したら水を入れたピッチャーに優しくそっと沈めます(写真左下)。
パックの口は密閉してませんが、静かに沈めておけば中の豆の粉が外に出ることはありません。

そして冷蔵庫に入れて待つこと半日(8~12時間。時間は味の好みで適宜調整)で完成!(写真右下)



<反省会>
実はこれ、一発で完成してません。
最初に入れたメジャースプーン4杯分の豆では半日経過しても薄く、急きょ豆を追加(メジャースプーン2杯分)。
結局作るのに倍の時間が掛かってしまいました(汗)

まだ1回しか作ってませんが味は満足。
水出しですのでお湯で出して氷で締めた王道アイスコーヒーのような濃厚な味ではありませんが、挽いた豆から作る水出しコーヒーはさっぱりとしていながら豊かな味わい。水と豆の分量さえわかってしまえば一晩置くだけのオートマチックで美味しいアイスコーヒーが楽しめます。何より美味しいアイスコーヒーを一度に大量に作れるのがいい。



最後に、先日コーヒー好きの旭町の家の奥様より美味しいアイスコーヒーの隠し味を教えてもらいました。
今回の手順で完成した後に、ティースプーン一杯くらいの量の砂糖(ガムシロップ)を加えると甘くはなりませんが全体にコクを出すことができるそうです。これは次回試してみます。

水出しアイスコーヒーマスターの道はまだ遠いですが、今シーズン中には極めたい!

■お知らせ■
~新潟木の家 自然素材とテクノロジーを匠が活かす~
会社バナー
ホームページをリニューアルしました。当社の住宅に対するスタンス、設計コンセプトなどかみ砕いた説明をしています。
関連記事

2 Comments

noko  

こんばんは。

水だしコーヒーおいしそうですね。
まだ、未経験なので是非飲んでみたいです。

2010/08/24 (Tue) 21:04 | EDIT | REPLY |   

masakazu  

nokoさん

ただ今2回目を仕込み中です。
今夜には飲みごろかなぁ

2010/08/25 (Wed) 13:38 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment