YaMa_Home blog -新潟木の家 自然素材の注文住宅-

自然素材とテクノロジーを匠が活かす。心地よいデザインと高い断熱・構造性能を目指して・・・山口工務店

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

造り付け家具工事、壁シナ合板貼り開始

「百津の家Ⅱ」は仕上げ工事の真っ最中。
大工達は手分けしながら造り付けの造作家具と、壁のシナ合板貼りを並行しています。



あらかじめ作業場で加工を済ませた材料を持ちこみ現場で造り付け家具を組み立てていきます。

R0021234_造り付け家具工事


R0021295__造り付け家具工事




百津の家Ⅱの内装仕上げはシナ合板貼りのオイル仕上げ。
割り付け図(シナ合板をどういう風に貼るかを記したを図面)を確認しながらシナ合板をカットし、一枚一枚貼っていきます。

R0021278_シナ合板貼り


R0021336_シナ合板貼り

シナ合板は木目にクセがなく、優しくソフトな表情で仕上ります。
この印象は建て主さんのイメージともシンクロ。住まいは住まい手そのものを表すというよい例です。

壁が仕上ってくるといよいよ完成が近付いてきた感じがしてきます。
今年は猛暑。連日35℃を記録する中仕事をこなす大工達には頭が下がります(感謝)。

■□ 「百津の家Ⅱ」オープンハウス(内覧会)のお知らせ □■
・開催日時:2010年9月18日(土)、19日(日)
・開催場所:阿賀野市百津町
※詳細は決まり次第blog、webでご案内いたします。

■設計・施工■
新潟木の家 自然素材とテクノロジーを匠が活かす|山口工務店
■問合せ先■
TEL : 0250-62-0318
FAX : 0250-62-7977
E-mail : yamahome@chive.ocn.ne.jp
blog左下のメールフォームからもどうぞ

■お知らせ■
会社バナー
ホームページをリニューアルしました。当社の住宅に対するスタンス、設計コンセプトなどかみ砕いた説明をしています。
関連記事

- 4 Comments

かな  

いつも楽しみに拝見しております。質問です。シナと壁の接着はどのようにしているのでしょうか?釘と接着剤の併用?接着剤の有無なども含めて教えて頂けますでしょうか?ブログで回答いただけるとありがたいです。
よろしくお願いします。

2011/02/06 (Sun) 17:34 | EDIT | REPLY |   

masakazu  

かなさん

いつもご覧いただきありがとうございます。
シナ合板の留め付け方は、釘(ピンネイル)と接着剤(速乾タイプの木工用ボンド)の併用です。

その他のポイントとしましては、
・ピンネイルの頭の色をシナに合わせた肌色を選ぶこと。
・この時の天井には防湿シートがあるので、ピンネイルが防湿シートを貫通しないように、下地に合った長さのピンネイルを使う。
などの気遣いが必要です。

仕上がるとスマートですが、留め付けだったり目地割りだったりと手を掛けてあげないと見た目、品質ともにいいものには仕上りません。

2011/02/08 (Tue) 09:57 | EDIT | REPLY |   

かな  

さっそくのコメント有り難うございます。また分からないことがあった場合には質問させていただきます。これからもブログ楽しみにしています。

2011/02/08 (Tue) 20:33 | EDIT | REPLY |   

masakazu  

かなさん

同じ納まりで検討しているのでしたら綺麗に仕上がるといいですね。

2011/02/09 (Wed) 13:25 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

- 1 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  シナ合板貼りが進行中
  • 「百津の家?」はシナ合板貼りが進んでいます。 シナ合板は1枚が約90cm×180cm。これを寸法カットしながら一枚一枚壁、天井に貼っていきます。 ...
  • 2010.09.09 (Thu) 19:53 | YaMa_Home blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。