YaMa_Home blog -新潟木の家 自然素材の注文住宅-

自然素材とテクノロジーを匠が活かす。心地よいデザインと高い断熱・構造性能を目指して・・・山口工務店

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竣工写真撮影|百津の家Ⅱ

オープンハウスを終え、「百津の家Ⅱ」は竣工写真撮影を行いました。
カメラマンは、いつも撮影をお願いしている写真家の村井勇さん(アトリエラボン)です。

この日は天候が悪く、朝は雨。予報を見ても先の数日も雨でそれでもこの日が一番マシ。お引き渡しの日程もあり撮影を決行しました。

午後3時過ぎから始まった撮影は終始曇り。
屋内では問題ないのですが、外になると曇りは太陽光が雲で拡散され影が落ちません(それはそれで撮影しやすいのですが)。そうなると外壁ガルバの小波の陰影や軒の影が全く出ず絵としては立体感に欠けるものに。
おまけにバックの空が雲一色で外壁と同化し残念ずくめ。。。

R0021905_竣工写真撮影

と、半ば諦めかけていると西から後光が(感謝)日ごろの行いが良かったのか一瞬だけ雲が薄れて青空が。そして点光源になってくれる太陽光も出ました。
この間時間にしたら1分も無かったかもしれません。そんな中、村井さんは急いで撮影(汗笑)

それでもやはり十分満足いく画が撮れなかったので、後日村井さんが撮るか、私が代打で撮影するかという話しになっています。。お天気様にはかないませんね。



天気は曇りですが中の撮影は問題なし。
リビングの勾配天井を写真として説明するための撮影に苦心はしたもののそれ以外は順調。

R0021907_竣工写真撮影

目で見ると何てことなくわかる勾配天井もレンズを通した写真の中で説明するのは意外と難しい。あれこれ構図を変えながら一番わかりやすい画を探します。



中を撮影し終える頃には外は日没前。場所を再び外に移して夕景撮影。

R0021925_竣工写真撮影

その後、建て主さんと親族(予定より何故かちびっ子多数(笑))にモデルに入ってもらい記念の撮影。
レンズの中に人が入ると建築写真も一気に活気が増します。というより子供達元気過ぎ(爆)



追記
村井さんとは毎度共通の話題で出るのがiPhone。
撮影中電話が鳴ると村井さんは3Gをお使い。そうまだ2年割賦が残っているのでした。最初は私も同じノンSのiPhone3Gだったのですが今ではiPhone 4。
決して4には触れない方がいいですよとお話ししておきました(苦笑)

■設計・施工■
新潟木の家 自然素材とテクノロジーを匠が活かす|山口工務店
■問合せ先■
TEL : 0250-62-0318
FAX : 0250-62-7977
E-mail : yamahome@chive.ocn.ne.jp
blog左下のメールフォームからもどうぞ

■お知らせ■
会社バナー
ホームページをリニューアルしました。当社の住宅に対するスタンス、設計コンセプトなどかみ砕いた説明をしています。
関連記事

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。