YaMa_Home blog -新潟木の家 自然素材の注文住宅-

自然素材とテクノロジーを匠が活かす。心地よいデザインと高い断熱・構造性能を目指して・・・山口工務店

来年度の住宅補助金(阿賀野市)|平成23年度阿賀野市助成金制度

【2011.3.18追記:正式発表がありました。ページ最下段参照】

当社山口工務店が会社を置く阿賀野市の自治体補助金制度が来年度から拡充(案)されることがほぼ確定しました。

住宅の新築・リフォームの補助金制度というと、国が行っているものとしては

住宅エコポイント制度
長期優良住宅(木のいえ整備促進事業)

などが代表です。

また、各都道府県レベルでも県などが予算を付けて様々補助金制度が使えます。
新潟で代表的なのは地域材利用促進として、

越後杉ブランドの補助金制度(ふるさと越後の家づくり事業)

などがあります。

国、都道府県と降りてきて、最後は市町村単位ですが、ここまでくると補助金の金額もさることながら補助金のラインナップが極端に少なくなります。その傾向は地方都市になればなるほど顕著。
阿賀野市についても住宅の新築やリフォーム、耐震改修向けの補助金制度は残念ながら殆どあてにできず、国がやっている補助金制度と比べても認知度も低い状態です。



そんなあまりパッとしなかった今まででしたが、先日地元の業者向けに行われた市の説明会で、来年度(平成23年度)から新しく創設される補助金制度について説明がありました。

R0022614_平成23年度阿賀野市助成制度

まだ予算が通っていませんので(案)印で、現在まだ市のサイトでも公開されていない情報ですが、ほぼこのまま予算が付くとのこと。
ついては、事前に広く市民に告知・広めてほしいとのことでしたのでここではいくつか概要をご紹介。

住宅リフォーム支援事業補助金制度(案)


補助対象工事工事費が20万以上でかつ、他の市助成制度の対象となる部分を除く工事。
(1)住宅の修繕、補修、改修及び増築
(2)壁紙の張り替え、屋根、外壁の塗り替え
(3)住宅の防犯用設備、若しくはフェンスの設置等の防犯機能の付加又は強化
(4)下水道への切り替え
   (台所、浴槽、便所等水廻りの汚水を全て下水道に接続する)
(5)屋根の葺き替え(地場産瓦使用の場合、他の補助制度の上乗せあり)
補助金対象工事費の2/10かつ限度額 20万円 30万円


地場産瓦普及助成事業補助金制度(案)


補助対象瓦等(1)阿賀野市内で製造販売された焼瓦、スレート瓦等
(2)使用する瓦の価格が20万円以上
(3)自己の居住する住宅のリフォーム又は新築に使用した瓦
補助金の額使用した瓦の価格の1/10。ただし10万円を限度とする


住宅用太陽光発電システム設置費補助金制度(案)


補助対象者(1)市内に住所を有している者
(2)太陽光発電普及拡大センターの住宅用太陽光発電導入支援対策費補助金
   を交付された者
(3)市内の事業所に発注した者又は、システムを住宅と一体的に発注した
   場合はシステムを市内業者が施工していること
(4)市に納付すべき市税又は使用料、手数料その他市に対する債務を完納
   している者
(5)この補助金の交付をこれまで受けていない者
補助金の額3万円×公称最大出力の合計値(kW)ただし10万円を限度とする


※以上3事業は平成23年度4月1日から施行、募集受け付け開始する予定。
※正式発表は平成23年度3月1日、15日の広報及び阿賀野市websiteに掲載予定。
※上記記載以外の制度詳細、条件等は事前に市、又は工事会社までお問い合わせください。



額面が10万、20万というのが少し迫力に欠けますが(汗)無い自治体よりはマシとポジティブシンキング(笑)

工事種別や内容にもよりますが、国のエコポイントや、ここでは取り上げなかった所得税の減税、固定資産税の減額などの税制優遇と組み合わせれば総合力でコストメリットが出てくると思います。

こうした自治体の補助金や税制優遇(減税関係)の場合、認知度が低くお客さまはおろか工事会社ですら知らずにいる場合がありますので、住宅を新築・リフォームする場合は自身でしっかり下調べするか、的確なアドバイスが受けられる会社に巡り合うことが重要です。

当社も市内のオーナー様に向けて案内準備を始めようと思いますので今しばらくお待ちください。

【2011.2.21追記】
※既存オーナー様へ※
弊社からの案内をご覧の方は、弊社HPの問い合わせフォームにて事前受付をしております。

※既存オーナー様以外で阿賀野市在住の方へ※
リフォーム、リノベーションをご希望される方は個別にお問い合わせください。
工事の実施・中止はご相談後にお決めいただけます。



【2011.3.18追記】
※市から正式発表がありました※
※補助金額が当初予算(案)の上限20万→上限30万に増額されました(本文修正済み)※

詳細は下記の当社Facebookページで解説していますのでご覧ください。

【正式発表】阿賀野市 平成23年度住宅リフォーム支援事業




■問合せ先■
新潟木の家 自然素材とテクノロジーを匠が活かす|山口工務店
TEL : 0250-62-0318
FAX : 0250-62-7977
E-mail : yamahome@chive.ocn.ne.jp
blog左下のメールフォームからもどうぞ

<直近web更新>
(1)2011.01.19 Twitter会社公式アカウントを公開(試験運用)
(2)2011.01.13 施工事例>百津の家写真ページ下に”建築の記憶”を追加
会社バナー
ホームページをリニューアルしました。当社の住宅に対するスタンス、設計コンセプトなどかみ砕いた説明をしています。
関連記事

0 Comments

Leave a comment