YaMa_Home blog -新潟木の家 自然素材の注文住宅-

自然素材とテクノロジーを匠が活かす。心地よいデザインと高い断熱・構造性能を目指して・・・山口工務店

シャープな意匠と高断熱を両立|YKK新樹脂サッシ「APW330」

時代はネット社会です。
Twitterでツイートしていたら、それを見てメーカーが提案にきました。おそるべし(笑)

窓メーカーのYKKさんが来社。
来月2011年4月から関東工場が立ち上がるということで、新しい樹脂サッシ「APW330」の実大サンプルを持ち込んでの提案です。

樹脂サッシ「APW330」 | YKK AP


R0022662_YKK_APW樹脂サッシ

樹脂サッシは国内品でも断熱性能がそこそこいいものは他社品でもありますが、私が最も不満だったのが「価格」と「意匠性」。

意匠性(デザイン)


樹脂はアルミに比べると剛性が低い(=やわらかい)ので、従来の樹脂サッシは強度を持たせる関係もあって窓枠が太くなりがち。窓廻りがどうしてもぼてっと野暮ったくなります。
遠目でも樹脂サッシが付いた住宅は見てそれとわかるくらいなので、お世辞にもスリムでシャープとは言えません。

そんな「性能はいいが見た目が悪い」という業界の通説をYKKさんが「APW330」で克服。
従来のアルミ樹脂複合サッシとほぼ変わらない枠の見付けとし、シャープな窓を実現させました。

YKK_APW330樹脂サッシ
(画像出典:YKK APウェブサイト

上の並んだ二つを比べても、従来のサッシと遜色ないスリムなフレームデザイン。

カタログだけみていても今一よくわかりませんが、こうして実物を見ると枠の細さがよくわかります。
従来のアルミ樹脂複合サッシと殆ど違いがありません。

R0022663_YKK_APW樹脂サッシ

よく見ていくと、室内側、屋外側とシャープに見せるためのディテール上の工夫がみてとれます。開発の方の苦悩の跡ですね。

断熱性能


性能面では、ガラスはLow-E標準。16mmの空気層部分にはアルゴンガスを注入した仕様。
(参考:一般の断熱サッシは空気層12mmで空気層部分には乾燥空気が注入されている)

こうすることで、窓全体の断熱性能として熱貫流率(U値[K値])=2.33W/(㎡・K)を実現しています。


余談ですが、カタログスペックでU値=2.33W/(㎡・K)ですので、窓種別、窓サイズによってはこれ以上の性能になると思います。今だかつて聞いたことはないですが、メーカーが窓種やサイズ別にある程度分類して詳細な性能値を開示してくれれば、我々設計者ももっと精度の高い住宅のエネルギー計算ができるのにと思ったりもします。
(プロでもそんなものを要求するマニアはいない?)

日射取得


窓の枠がスリムになることの良さは他にもあります。
窓全体に対するガラスの面積が大きくなりますので、日射侵入率が高くなります。これは採光上も有利で、冬場の日射取得熱上も有利になることを意味します。(この時は適切な庇があることが大前提。庇がないと夏場は不利になります)

価格


価格面についても企業努力。これだけのハイスペックですが、メーカーの言葉を借りれば『従来のアルミ樹脂複合サッシと同じくらいを目指しています』とのこと。
フレームが細くなった分多少なりとも樹脂使用量が従来よりも少なくコスト圧縮にも貢献?その分ガラス大きくなっていますがコストにはあまり影響はないでしょう。

価格については少し含みを持った言い回しですが(笑)それでも従来の樹脂サッシと比べればコストパフォーマンスは非常に高い。

まとめ


住宅の省エネ化、性能アップは当然住宅1棟トータルで考えなければなりません。
建物外皮の断熱性能としては、壁などに比べ、窓は1/10程度の断熱性しかありませんので、まずはこの部分を性能アップすることが快適性に直結します。特に冬場窓からの冷輻射による不快さは、体感上の快適さに大きく影響を与えますので性能アップの効果がよくわかります。

高級な木製サッシは国内・輸入品問わず、性能は超一級品ですが、価格も超一級品。建物全体予算の中で普通は何かを大きくあきらめないと涼しい顔で実装していくことは困難です。
そんな中でコストと性能のバランス、すなわちコストパフォーマンスの面ではこのAPW330は優秀。

当社では採用を前提に準備を進めていこうと思います。


<関連エントリ>
2011.12.01 意匠+性能+コストの3拍子|サッシAPW330

■□ 問合せ先 □■
新潟木の家 自然素材とテクノロジーを匠が活かす|山口工務店
TEL : 0250-62-0318
FAX : 0250-62-7977
E-mail : yamahome@chive.ocn.ne.jp
blog左下のメールフォームからもどうぞ

■□ Facebookはじめました □■
山口雅和 Facebook個人アカウント(Facebookアカウントが必要です)
山口工務店 Facebookページ(どなたでもご覧いただけます)
FBページでは、BlogやTwitterで書いた事に対する追記や番外情報なども書いてます。

■□ 直近web更新 □■
(1)2011.02.27 「建築検討中の方へ」の加筆・修正
(2)2011.02.21 阿賀野市版 リフォーム支援事業補助金制度のお知らせを追加
会社バナー
ホームページをリニューアルしました。
当社の住宅に対するスタンス、設計コンセプトなどかみ砕いた説明をしています。
関連記事

0 Comments

Leave a comment

1 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  意匠+性能+コストの3拍子|サッシAPW330
  • 「こがねの家」の窓(サッシ)には規格量産型のサッシメーカーの窓を使いますが、意匠と性能、コストを踏まえて、今選択できる最良のものをチョイスしています。 ■ 樹脂サッシ | YKK APW330 YKK APの窓...
  • 2011.12.01 (Thu) 12:20 | YaMa_Home blog