YaMa_Home blog -新潟木の家 自然素材の注文住宅-

自然素材とテクノロジーを匠が活かす。心地よいデザインと高い断熱・構造性能を目指して・・・山口工務店

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

取材はiPhone4+Skypeのビデオ通話で

東日本大震災は被災地にとどまらず、建築業界全体が恐慌状態に入っています。
建築資材全般、木材、建材の生産・物流が麻痺。発注を掛けても材料が入らないのは当り前、現場は止まり、引渡しも困難という状況です。

そんな中で、数日前に新建新聞社さんからの取材がありました。
取材内容は次号の「新建ハウジングプラスワン」でweb関連の特集をするということで、ホームページやBlog、Twitter、それからFacebookを活用した工務店事例という内容の取材でした。

予定では東京から担当の方が新潟のこちらに来社し取材ということだったのですが、取材当日(3月15日)は震災直後。JRもまともに動いておらず急きょSkype(スカイプ)を使った取材に切り替えました。

SkypeはインターネットのP2P技術を使ったネット電話。カメラがあればビデオ通話(=テレビ電話)もできます。
取材時点では東京方面への固定電話や携帯も繋がりにくい状態でしたが、Skypeをはじめインターネットを使った通信手段は安定しており、防災時の信頼性はかなりのものだと実感しています。

機材とセッティング


急きょのSkype取材ということで、会社にはwebカメラが1台もないのでiPhone4を使ってSkypeの準備を。iPhone4の固定もありもので対応。

DSC_1840_iPhone4+JOBYゴリラポッド


・iPhone4 : Skypeアプリを起動、インカメラ(正面の自分撮り用カメラ)を使って撮影
JOBY ゴリラポッド : コンデジ用のミニ三脚の脚をうまく使ってiPhone4を固定
・角材 : iPhone4を適当な高さにするための調整材



これでセッティングは完了。
Skype通話中は、こんな感じで自分を撮影しながら、相手の顔を見ながらまさしくテレビ電話状態。(通話中は画面に相手の顔が写ります)
しかもSkype同士でしたので通信料無料。

DSC_1844_iPhone4+JOBYゴリラポッド


取材中はマイクやイヤホンは使わずiPhone4はハンズフリーモードで使用。
相手の声も明瞭、こちらの声も綺麗に先方にいっていたようでした。
通信モードはWi-Fi(無線LAN)で接続していましたので、相手の画もコマ落ちすることなくスムーズでした。

取材内容


取材内容は、ホームページとBlog、それから最近ではTwitterやFacebookを工務店としてどう仕事に使っているかということで、私なりの事例や工夫を思いつくまま話をさせていただきました。
Facebookは、私も工務店の中で使っているのは少ないだろうと思っていましたが、記者の方に伺ってもやはり全国的にもまだ事例が殆どないようです。

工務店の世界では、情報発信ツールとしてはまだまだホームページやブログが主体ということですが、TwitterやFacebookはまた別の得意や可能性があります。

ホームページは会社の顔で会社案内。どちらかといえば企業理念やポリシーという大枠の話を説明するのに適しています。

ブログは長文を書いたり画像も扱え、何より簡単にアップすることができますので、日々感じたことや伝えたい事、掘り下げて話をしたいことなどを発信するのに適しています。

Twitterは140文字という文字数制限、時系列で流れていくタイムライン、基本的にはデータベースとして蓄積されない。ただし即時発信性や拡散力はブログ以上です。この特徴をうまく使えばお客さまに色々な投げかけや情報伝達が可能です。

Facebookは、私もまともに使い始めて数ヶ月程度で今だ試行錯誤。使ってみると多機能ですが、多機能であるからこその可能性があります。使わないと分からない(伝わらない)よさがあります。
以前のエントリ「Facebookで何ができる?|Facebook勉強会」の中でも触れていますが、設計から建築、完成、住んでからと、それぞれの場面場面での活用に期待ができます。

そしてFacebookが他のネットサービスと決定的に違うのが「相互交流性」の高さ。HPやBlogは基本一方向のメディアですが、Facebookは他のどのサービスよりも交互交流しやすい仕組みになっていると感じます。
リアルの世界でお互いの顔を見ながらのやりとりをそのままネット上に持ち込み、さらにお互いが近い存在で密にコミュニケーションができるというのがFacebookの一番の”得意”ではないでしょうか。



私自身、こうした色々なツールを何故使うのか?と自問することがありますが、答えは明快。
「全てはお客さまへの情報公開と、考えや価値観の伝達をスムーズにしたい」
と思っているからです。

Facebookの勉強会を現在検討中です。近々これをご覧のお客さまへお話しがいくかもしれません(笑)


震災の影響でこの取材記事もいつになるかは未定ですが、発刊されたらまたご紹介いたします。


■□ 問合せ先 □■
新潟木の家 自然素材とテクノロジーを匠が活かす|山口工務店
TEL : 0250-62-0318
FAX : 0250-62-7977
E-mail : yamahome@chive.ocn.ne.jp
blog左下のメールフォームからもどうぞ

■□ Facebookはじめました □■
山口雅和 Facebook個人アカウント(Facebookアカウントが必要です)
山口工務店 Facebookページ(どなたでもご覧いただけます)
FBページでは、BlogやTwitterで書いた事に対する追記や番外情報なども書いてます。

■□ 直近web更新 □■
(1)2011.03.10 トップページに公式Facebookページパーツを設置
(2)2011.03.09 主要ページにFacebook「いいね!」ボタンを設置
会社バナー
ホームページをリニューアルしました。
当社の住宅に対するスタンス、設計コンセプトなどかみ砕いた説明をしています。
関連記事

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。