YaMa_Home blog -新潟木の家 自然素材の注文住宅-

自然素材とテクノロジーを匠が活かす。心地よいデザインと高い断熱・構造性能を目指して・・・山口工務店

金沢海みらい図書館(金沢西部図書館(仮称))内見会

少し前ですが金沢に行っていました。

金沢で新しい図書館「金沢海みらい図書館(金沢西部図書館(仮称))」が2011年5月21日にオープンするのですが、友人の人脈で特別に、工事途中の現場を見学することができました。

現場は建物本体工事がほぼ完成し、外構の追いこみ真っ最中。
一般の利用者ゾーンは開館してからも見学できますが、今回は特別に管理、収蔵ゾーンなどのバックヤードも含めて内部を全て見学。ここまで見ることができるのは、この機会を逃すともうありませんので貴重な経験。

金沢海みらい図書館(金沢西部図書館(仮称))


R0022846_金沢海みらい図書館_金沢西部図書館(仮称)

・敷地面積 : 約11,763m2
・延床面積 : 5,439m2
・構造 : 鉄骨造(一部RC造)
・階数 : 地上3階、地下1階建て
・蔵書規模 : 開館時約17万冊(最大40万冊)

設計は、プロポーザルで選ばれたシーラカンスK&H



シーラカンス設計の建築を見るのは私は初めて。
残念ながら内部はオープンまでは非公開ですので、写真は外部だけをお楽しみください(笑)

R0022841_金沢海みらい図書館_金沢西部図書館(仮称)

ファサード 採光窓ディテール


壁はS造なのですが、丸窓を逃げるように鉄骨を斜め格子状(ひし形状)に組んで、鉄骨を逃げるように丸窓を配置しているという、途方もない大変さ(笑)

写真では少しクリームがかって見えますが、実際の外壁の色はホワイト。

R0022839_金沢海みらい図書館_金沢西部図書館(仮称)


建物はピュアな立方体で極めてシンプル。内部も外の印象と同じく、模型から感じる繊細さをそのまま実ボリュームにしたような印象。
japan-architects.comブログでは西部図書館の模型やファサードの穴のスタディモデルなどを見ることができます。

2階の一般書架スペースは、外から見えるこのスクエアな平面を丸々2層分の吹抜けとし、非常に解放感があります。

内部もホワイトを基調とし、清潔感があります。
基本、天井付けの照明一切はなく、日中は全方向に開けられた丸窓からの自然光を使います。内部を案内してくださったスタッフの方の話では、各方位別でLow-Eも含めガラスの仕様を変えているとのこと。
夜は書棚などに組み込まれた照明器具などを灯りとするそうで、この辺の灯り仕上りはオープン後に見てみたい部分です。


<参考リンク>
金沢西部図書館 (仮称)(Coelacanth K&H Architects Inc. | Works)
金沢市「金沢西部図書館(仮称)」ホームページ
シーラカンスK&Hの「HHH」、藤村龍至キュレーションの「シーラカンスK&Hの履歴 1998-2010」展


■□ 問合せ先 □■
自然素材を使ったシンプルで快適、心地いい家づくりを目指しています。詳しくはwebをご覧ください。

新潟木の家 自然素材とテクノロジーを匠が活かす|山口工務店
TEL : 0250-62-0318
FAX : 0250-62-7977
E-mail : yamahome@chive.ocn.ne.jp
blog左下のメールフォームからもどうぞ

■□ Facebookはじめました □■
山口雅和 Facebook個人アカウント(Facebookアカウントが必要です)
山口工務店 Facebookページ(どなたでもご覧いただけます)
FBページでは、BlogやTwitterで書いた事に対する追記や番外情報なども書いてます。

■□ 直近web更新 □■
(1)2011.03.25 「建築検討中の方へ」にFacebook情報を追加
(2)2011.03.10 トップページに公式Facebookページパーツを設置
会社バナー
ホームページをリニューアルしました。
当社の住宅に対するスタンス、設計コンセプトなどかみ砕いた説明をしています。
関連記事

0 Comments

Leave a comment