YaMa_Home blog -新潟木の家 自然素材の注文住宅-

自然素材とテクノロジーを匠が活かす。心地よいデザインと高い断熱・構造性能を目指して・・・山口工務店

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブロック積み~土間コンクリート打設、庭石、製作金物|外構工事

長い冬が開けるのを待ち待って、「こがねの家」ではようやく外構工事を再開することができました。

R0025674_外構工事

今年の新潟は入学式シーズンに桜どころか、梅すらつぼみが開かない、今日は一瞬雪が散ることもある寒さ。
振り返っても今年は冬が長かった。今も春すら来てる気がしません(汗笑)

さて、残す外構工事は

・カーポート部分、玄関アプローチの土間コンクリート打設
・建物正面の道路境界に木製フェンス施工
・ウッドデッキ
・カーポート脇の列柱に格子張り
・植栽工事

が主なところ。順次進めていきます。

既存庭石の確認



この場所には既存建物が建っていました。その玄関先に置かれていた庭石を再利用します。

既存庭石

大きさを確認し、最後の植栽入れの時まで待ちます。

ブロック積み


外構工事の初めは敷地内高低差を解消するためのブロック積みから。

IMG_0760_ブロック積み

元々、擁壁付きの庭部分を切り開いてアプローチにしているので結構な高低差があります。

玄関アプローチ型枠


玄関アプローチ部分にコンクリートを打つ前に型枠を組んでいきます。

IMG_0783_玄関アプローチ型枠

ニッチ(隙間)を取りながらコンクリートを打つのでこんな感じの型枠組みになります。

土間コンクリート打設(動画付き)


そして、天候と相談しつつ、晴れ間を見ての土間コンクリート打設。

コンクリートの一部に割れ止めのワイヤーメッシュが入りますので確認。

R0025844_ワイヤーメッシュ

土間コンのスラブ厚さは、型枠の天端墨で確認します。

R0025847_土間スラブ厚さ確認

そしてコンクリートの打設。奥から手間へと進んでいきます。

R0025852_土間コンクリート打設

土間コンの一枚の面積が広いので、少し分かりにくですが途中に伸縮目地も入っています。

R0025853_土間コンクリート打設

そして土間コン打設中の動画。



この後、コンクリートが完全に硬化する前に金鏝(かなごて)で表面を押えて完成です。

フェンス柱用アングル|製作金物の検品



そうこうしていると、鉄工所に製作を頼んでおいたフェンス柱用のアングルが入ってきました。

加工的には規格品のアングルに木柱を抱かせるためのビス穴加工をしただけのシンプルなものです。
今回は施工上の問題もあって左右対称のものがあったり、ビス穴がアングルの2面それぞれに開いていたりしているので、その辺も合わせて受け入れ検品。設計通りで問題ありませんでした。

そして、地面に埋める際に向きを間違えないよう、絶対間違えようがないようにマジックで書き込み。(書き込み部分は地面に埋まるので問題ありません)
図面を書いた私でも一瞬どれがどっちか変わらなくなりますので、据え付ける基礎屋さんが間違えないはずがない(苦笑)ということで入念に。

R0025864_アングル(等辺山形鋼)検品

引き続き外構工事は続きます。。。

これが終わらないと外観の竣工写真も撮れません(笑)

インフォメーション


■□ 問合せ先 □■
自然素材を使ったシンプルで快適、心地いい家づくりを目指しています。詳しくはwebをご覧ください。

新潟木の家 自然素材とテクノロジーを匠が活かす|山口工務店
TEL : 0250-62-0318
FAX : 0250-62-7977
E-mail : yamahome@chive.ocn.ne.jp
blog左下のメールフォームからもどうぞ

■□ Facebookはじめました □■
山口雅和 Facebook個人アカウント(Facebookアカウントが必要です)
山口工務店 Facebookページ(どなたでもご覧いただけます)
FBページでは、BlogやTwitterで書いた事に対する追記や番外情報なども書いてます。

■□ 直近web更新 □■
(1)2012.01.13 トップページに「こがねの家」完成見学会の案内を追加
(2)2011.11.04 百津の家Ⅱが住まいネット新潟Vol.12に掲載されました
会社バナー
ホームページをリニューアルしました。
当社の住宅に対するスタンス、設計コンセプトなどかみ砕いた説明をしています。
関連記事

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。