YaMa_Home blog -新潟木の家 自然素材の注文住宅-

自然素材とテクノロジーを匠が活かす。心地よいデザインと高い断熱・構造性能を目指して・・・山口工務店

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

建前前日の土台敷き、越後杉ブランド構造材搬入

「北本の家」もいよいよ建方(建前)前日となりました。

現場には家の骨組みとなる構造材が搬入され、土台敷き(基礎への土台据え付け)が始まりました。

R0026095_土台敷き、プレカット部材搬入

プレカット構造材搬入|越後杉ブランド


先日製材工場で製品検査した越後杉をはじめとした構造材。加工も済んで搬入されています。

R0026104_プレカット部材、越後杉ブランド認証票_ラベル

越後杉は山からの伐採に始まり製材~乾燥、品質管理と新潟県が定めた基準を満たすことで「越後杉ブランド」として認証されます。
そしてこの越後杉を一定量使うことで新潟県から補助金が受けられます。(”僅かですが”、と小さく強調しておきます(苦笑))

その証がこの認証票(ラベル)。

R0026091_越後杉ブランド認証票_ラベル

杉は日本中の山にありますので、正規の新潟県産杉であることが客観的にわかることはありがたい。
日本では聞きませんが、海外からの外材では違法伐採されたものや、途中流通の管理体制が不明確なものがあったりもすると聞きますので、こうしたラべリングによる品質表示はこれからも重要になると思います。

床下換気(基礎パッキン工法)


基礎の上に乗る材料を土台と言います。土台は柱などから大きな上部荷重を受けますので、耐久性ももちろんですが密度が高くて硬い材料が好まれます。

土台も越後杉でと言いたいところですが、杉は土台に使うには少し柔らかすぎますので桧(ヒノキ)を使っています。
薬剤注入した注入土台を除けば、土台に使う樹種はこの桧かヒバが今は一般的ではないでしょうか。

話が少しそれましたが、本題の床下換気に戻します。
今回は断熱層を床に設けたいわゆる床断熱。こうなると床下は外扱いになり、外気に開放されます。

昔の家の基礎を外から見ると、ところどころ四角い窓(基礎開口)があると思いますが、この家にはありません。というとお客さまから心配されるのですが、時代は変化しています(笑)今の床下換気方法の主流はこの基礎パッキン工法。

この厚さ2cmの黒いギザギザした板状のものを基礎と土台の間に挟み込みます。
使っている基礎パッキンはJoto社の「基礎パッキンロング」

R0026078_床下換気_基礎パッキン工法

歴史的には、土台の腐朽を防いだり、換気をするために石材を挟んで基礎から土台を浮かせた”ねこ土台”があり、それを改良、製品化し、樹脂製やステンレスなどで基礎パッキンが作られ製品化されています。

これを使えば、基礎の外周部に開口を設けずとも(基礎を切り欠くのは構造的にも喜ばれません)建物外周部全面で床下換気ができます。

R0026092_床下換気_基礎パッキン工法

基礎パッキンを通して向こう側が見えるのが分かります。

基礎のところどころに開いた四角い換気口では基礎の隅などで空気のよどみがあり、床下をムラなく換気するのは難しいので、基礎パッキン工法で全周通気ができる効果は大きい。まさに縁の下の力持ち。

土台敷き


この日は朝から大工2人で土台敷き。
明日の建前のにぎやかさを想像すると、真逆にある静けさ。粛々と作業が進みます。

R0026094_土台敷き

土台は基礎と以前紹介したアンカーボルトを介して接合されます。

アンカーボルトはこの金物で締め付け固定します。
カネシン社の「カットスクリューⅡ」

R0026079_土台敷き_土台緊結金物カットスクリュー2

ようは座金とナットの両方の機能を備えていて、なおかつ、締め付けると土台の上端と平らになります。

R0026080_土台敷き_土台緊結金物カットスクリュー2

土台の上には構造用合板を直張りしますので、アンカーの頭やナットが出ていると都合が悪いのでこうしたもを使います。

今の建築金物はとても多品種で思考を凝らされたものが多いです。すべては施工の合理化と安定した品質の為にということでしょう。ありがたく使わせてもらっています。

R0026073_土台敷き

土台敷きも終わり、いよいよ建方です!


インフォメーション


■□ 問合せ先 □■
自然素材を使ったシンプルで快適、心地いい家づくりを目指しています。詳しくはwebをご覧ください。

新潟木の家 自然素材とテクノロジーを匠が活かす|山口工務店
TEL : 0250-62-0318
FAX : 0250-62-7977
E-mail : yamahome@chive.ocn.ne.jp
blog左下のメールフォームからもどうぞ

■□ Facebookはじめました □■
山口雅和 Facebook個人アカウント(Facebookアカウントが必要です)
山口工務店 Facebookページ(どなたでもご覧いただけます)
FBページでは、BlogやTwitterで書いた事に対する追記や番外情報なども書いてます。

■□ 直近web更新 □■
(1)2012.01.13 トップページに「こがねの家」完成見学会の案内を追加
(2)2011.11.04 百津の家Ⅱが住まいネット新潟Vol.12に掲載されました
会社バナー
ホームページをリニューアルしました。
当社の住宅に対するスタンス、設計コンセプトなどかみ砕いた説明をしています。
関連記事

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。