YaMa_Home blog -新潟木の家 自然素材の注文住宅-

自然素材とテクノロジーを匠が活かす。心地よいデザインと高い断熱・構造性能を目指して・・・山口工務店

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガルバ色決め現場検討会|横葺きガルバリウム鋼板+無垢から松外壁材

当社の恒例行事、「市野山の家」では建て主さん参加の外壁ガルバリウム鋼板の色決め検討会を行いました。
前回作った唐松の外壁見本も持ち込んでいます。

ガルバ色決め現場検討会


開始時刻の間際まで雨が降っていたので延期かと半ば諦めていたところ奇跡の天候回復!なんとか予定通り現場検討会をすることができました。

現場には外壁にからむ素材の現物見本を全て持ち込みます。
無垢のから松外壁や外部物置周辺に貼るエステックウッドは素材と色が決まっていますので、今日の懸案は外壁に張るガルバリウム鋼板の色決めです。

なぜわざわざ現場でやるかというと、

・自然光の下で(室内の照明では色合いが実際のものではない)
・大きな現物見本で(メーカー見本帳では小さく分かりづらい。詳しくは>こちらで解説<)
・実際の建築物の前で(イメージをよりリアルに)

という理由から。

R0029078_外壁ガルバ色決め検討会_一文字瓦噴き

事前に私が3種類をピックアップし、そこから建て主さんとも話しながら最終的に決めていきます。用意した外壁カラーはこの3種。

・耐摩いぶし銀
・耐摩こげ茶色
・耐摩ブラックパール

写真写りではどれがどれだかですが(笑)ざっくり言うと濃色のシルバー系、茶系、黒系という分類でチョイス。
全てツヤのないマットな”つや消し”で、「耐摩カラーGL日鉄住金鋼板社)」からのカラーバリエーション。

ガルバの素材としてのメーカー保証は10年が一般的ですが、耐摩カラーは最長15年の塗膜保証が付いています。ガルバリウム鋼板の塗膜の中でも特に品質がよく、施工側の感覚的にも、傷に強い(=塗膜がしっかりしている)と感じるので品質の良さは間違いありません。

横葺きガルバリウム鋼板


ガルバリウム鋼板の外壁は、成型の仕方(折り方=断面形状)でバリエーションが多く、どのようにプレスして成型したものを使うかで、陰影の付き方が変わり、同じ色でも仕上がり印象が変わります。

今回は「横葺き」という葺き方。写真のような横に長く、これを横方向に継手を作らない長尺の横葺きで張っていきます。以前に「百津の家」でも施工したやり方です。

長尺の横葺きは元々屋根を葺くためのやり方ですが、これを垂直(=壁)に張っていきます。張り手間は他よりも少しかかりますが、仕上がりは横に継ぎ目もなく、端正でスマートな仕上がりとなります。



ファサード側にはから松のドイツ下見板張りがかなりの面積で取り合いますので、その辺りを踏まえてガルバの色を検討・・・
最終的に何に決まったかはブログでは張り上がり後のお楽しみという事で(笑)


関連過去記事


2012.11.16 から松外壁材+ウッドロングエコ塗り|見本品製作
2012.05.08 外壁ガルバリウム鋼板、木部・格子の現場検討会
2011.11.08 外部色決め現場検討会|ガルバリム鋼板・木部・格子
2010.07.12 外壁ガルバ色 現場検討会
2009.05.05 外壁色決め(百津の家)




「市野山の家」の過去記事は左のカテゴリー、もしくはこちらのリンクから連続でご覧いただけます。

インフォメーション


■□ 問合せ先 □■
自然素材を使ったシンプルで快適、心地いい家づくりを目指しています。詳しくはwebをご覧ください。

新潟木の家 自然素材とテクノロジーを匠が活かす|山口工務店
TEL : 0250-62-0318
FAX : 0250-62-7977
E-mail : yamahome@chive.ocn.ne.jp
blog左のメールフォームからもどうぞ

■□ Facebookはじめました □■
山口雅和 Facebook個人アカウント(Facebookアカウントが必要です)
山口工務店 Facebookページ(どなたでもご覧いただけます)
FBページでは、BlogやTwitterで書いた事に対する追記や番外情報なども書いてます。

■□ 直近web更新 □■
(1)2012.07.09 トップページに「北本の家」完成見学会の案内を追加
(2)2012.01.13 トップページに「こがねの家」完成見学会の案内を追加
会社バナー
ホームページをリニューアルしました。
当社の住宅に対するスタンス、設計コンセプトなどかみ砕いた説明をしています。
関連記事

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。