YaMa_Home blog -新潟木の家 自然素材の注文住宅-

自然素材とテクノロジーを匠が活かす。心地よいデザインと高い断熱・構造性能を目指して・・・山口工務店

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チーク・カバ桜無垢フロア張り、床下暖房用吹き出し口の施工

正月休みを挟んで「市野山の家」も大工3人でガシガシ進んでいます。

無垢フロアの特徴


床の仕上げは1、2階とも無垢のフロア張り。
無垢のフロアと一口にいっても樹種、仕上げの塗装有無、塗装する場合は塗料やオイルの種類によって仕上がりが大きく変わります。

当社では無塗装品のフロアを使って、最終行程でオイル仕上げするのが定番になっています。
工場塗装品は塗装されている分少し割高というのはありますが、それよりも仕上がりが奇麗すぎて自然さに今一歩欠けた表情になるので、特別な理由がなければ無塗装品を使い現場でオイル仕上げをします。その方が足触りや見た目の柔らかさも上です。


フロア張り|2階:カバ桜


現場で先行して張り始めたのが2階の床。こちらは当社でも定番のカバ桜(バーチ)。

R0029584_カバ桜_バーチ_無垢フロア張り

カバ桜は、明るめで清潔感のある表情が特徴。
オイル仕上げをすると少し濡れ色に色が濃くなり、絹のような気品ある風合いに仕上がるので気に入っています。


フロア張り|1階:チーク


1階は2階とガラリと世界観が変わってチークの無垢フロアを使います。
家具などのインテリアも含め、建て主さんが1階のインテリアの世界観を明確にもたれていたのでそれに合わせてフロアにはチークを選択。

R0029762_チーク無垢フロア張り

流石はチーク、抜群の表情。張ったそばから養生シートで覆われてしまうのが残念ですがこのチークブラウン色、やはり上質でいいですね。

チークはマホガニー、ウォールナットと並ぶ世界3大銘木の一つ。高級材ですが、最近は特によいチークが採りづらくなってきています。

フロアは幅9cmと小幅なものを一枚一枚張っていきます。
自然の木は湿気により伸び縮みがありますので、スペーサーを噛ませながら張り進めます。

R0029754_チーク無垢フロア張り_スペーサー

また、フローリングの梱包の中には色目の悪いものも時々混ざっています。

R0029756_チーク無垢フロア_選別

チークでも白っぽい白太(しらた)のようなものが混ざっているものもありますので、こういうものは一旦跳ねて見えなくなる収納の下や、目立たない部分に回します。
全て金太郎飴のように均一でないのは自然のものなので仕方がありません。使い手が気を配り作業を進めます。

無垢フロアは、このように1枚の幅が狭かったり、色味や材の善し悪しを見ながら張っていきますので、既製品の合板フロアと違い圧倒的に時間がかかります。
手間は掛かりますが、その分無垢の風合いと上質感を獲得できますので苦労に見合うよさがあります。


床下暖房用スリット(ガラリ開口)


1階の床には所々床を切り込んでスリットを設けます。

R0029786_床面スリット_ガラリ_吹き出し口

「市野山の家」の暖房方式は床下にエアコンを設置して暖房を行う「床下エアコン暖房方式」。
このガラリは床下暖房の暖気の出入り口となり、場所によって床下空間から室内への吹き出し口、室内から床下へのリターン口となります。

床下暖房は、床下の暖まった空気を室内へと緩やかに上げると同時に、1階床面を緩やかに暖め床面全面輻射を安価に実現するシステムですが、設備設計的には、設備するエアコン単体で機能するわけではありません。基礎の設計からこうした床面のガラリ配置なども含め、建築設計の総合力で暖房性能を100%発揮するものです。

私はこれを建築化照明にひっかけて、建築化暖房と勝手に呼んでいます。設備単体では機能せず、2つとして同じプランのない自由設計の中で、毎回設計的な難しさが多かれ少なかれあります。



現場はフロア張りが終わり、いよいよ本格的な内部造作工事へと進みます。

造作工事は大工の手仕事で造り付け家具類からキッチンまでと幅広いので、これの後の現場は時間がじっくり進んでいきます。
私も現場に歩調を合わせるように施工図の最終チェックと微調整を行います。間違いがないようにこの辺りから緊張感が増してきます(笑)


関連過去記事


2012.01.20 床下エアコン暖房|高効率省エネ・省コスト暖房方式



「市野山の家」の過去記事は左のカテゴリー、もしくはこちらのリンクから連続でご覧いただけます。

インフォメーション


■□ 完成見学会 □■
「市野山の家」の完成見学会は2013年3月下旬頃を予定しています。
詳細は決まり次第、web・blogにてご案内いたします。

■□ 問合せ先 □■
自然素材を使ったシンプルで快適、心地いい家づくりを目指しています。詳しくはwebをご覧ください。

新潟木の家 自然素材とテクノロジーを匠が活かす|山口工務店
TEL : 0250-62-0318
FAX : 0250-62-7977
E-mail : yamahome@chive.ocn.ne.jp
blog左のメールフォームからもどうぞ

■□ Facebookはじめました □■
山口雅和 Facebook個人アカウント(Facebookアカウントが必要です)
山口工務店 Facebookページ(どなたでもご覧いただけます)
FBページでは、BlogやTwitterで書いた事に対する追記や番外情報なども書いてます。

■□ 直近web更新 □■
(1)2012.07.09 トップページに「北本の家」完成見学会の案内を追加
(2)2012.01.13 トップページに「こがねの家」完成見学会の案内を追加
会社バナー
ホームページをリニューアルしました。
当社の住宅に対するスタンス、設計コンセプトなどかみ砕いた説明をしています。
関連記事

- 2 Comments

三紀彦  

新築の木材の香り、良いですね。
小生は戸建を購入しましたが、男の夢はやはり新築。
いつかそんな男になりたいと思っています。
また寄せていただきます。

2013/01/16 (Wed) 16:10 | EDIT | REPLY |   

山口@山口工務店  

三紀彦さん
ということは中古物件をご購入ということでしょうか。新築は住み手の想いも含めてじっくり作り込めますからそれも一つの醍醐味です。
木のやわらかな心地よさはやはり格別。こちらの現場も今から仕上がりがとても楽しみです。

2013/01/17 (Thu) 09:29 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。