YaMa_Home blog -新潟木の家 自然素材の注文住宅-

自然素材とテクノロジーを匠が活かす。心地よいデザインと高い断熱・構造性能を目指して・・・山口工務店

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スチール階段手摺の製作と製品検査

「市野山の家」の階段は、先回製作した木製階段に、スチールのフラットバーで手摺を製作し合わせていきます。

この日は手摺が8割程度完成したので鉄工所での製品検査。

スチール階段手摺の製作


形状的には特に複雑なものとはせず、極力、スレンダーに見えるように寸法を検討し決めてあります。

R0030157_鉄骨スチール階段手摺製作_フラットバー

意匠の基本形は以前「坂井の家」で製作したものを踏襲しています。
手摺としては、この手掛け部分に木製笠木を付けて手で掴んだ際のひんやり感をなくすように配慮します。


事前に手摺の製作図を描いて、鉄工所ではそれを元に原寸図を起こして製作という流れ。

R0030040スチール手摺図面_金物図

木製部分の階段との取り合いも含め、手摺図面を詳細に作ってありますので、工場側もほぼ変更なしでそのまま製作に入れます。
「ここまで詳細に図面を描くんですね」と言われて、「そうです」と涼しい顔で返答しましたが、描く方は結構な手間(笑)
でもここまで描いておかないと、現場でうまく納まりませんし、ディテールが曖昧ではこちらの意図しない仕上がりになってしまうのでこの辺は慎重に。

こちらは階段と連続し2階ホールに取り付く手摺。

R0030159_鉄骨スチール階段手摺製作_フラットバー

製作途中なので上下逆転していますが、こちらもフラットバーを加工し製作。

今回の検査で一番不安だったのが手摺としての剛性確保。上部に作るのは簡単ですが、その分部材が太くなり意匠性を損ないます。
そこで、現場であれこれアイディアを出し合って解決策をひとつ講じて先に進めることに。

R0030158_鉄骨スチール階段手摺製作_フラットバー_ディテール

無垢のフラットバーのディテールはスチールの素材感から無骨そのもの。

この後は足元の部分に付ける別注部材を取付ければ完成です。
完成後はメッキ工場に出して、溶融亜鉛メッキ、その後に仕上げでリン酸亜鉛処理とメッキ工場だけでも2工場をハシゴし現場に搬入されます。


関連過去記事


2013.01.18 ナラ木製階段の加工・取付け
2008.05.27 階段施工完了(坂井の家)
2008.05.14 鉄骨階段手摺の製品検査(坂井の家)
2008.04.22 階段詳細図を基に作業中(坂井の家)



「市野山の家」の過去記事は左のカテゴリー、もしくはこちらのリンクから連続でご覧いただけます。

インフォメーション


■□ 完成見学会 □■
「市野山の家」の完成見学会は2013年3月下旬頃を予定しています。
詳細は決まり次第、web・blogにてご案内いたします。

■□ 問合せ先 □■
自然素材を使ったシンプルで快適、心地いい家づくりを目指しています。詳しくはwebをご覧ください。

新潟木の家 自然素材とテクノロジーを匠が活かす|山口工務店
TEL : 0250-62-0318
FAX : 0250-62-7977
E-mail : yamahome@chive.ocn.ne.jp
blog左のメールフォームからもどうぞ

■□ Facebookはじめました □■
山口雅和 Facebook個人アカウント(Facebookアカウントが必要です)
山口工務店 Facebookページ(どなたでもご覧いただけます)
FBページでは、BlogやTwitterで書いた事に対する追記や番外情報なども書いてます。

■□ 直近web更新 □■
(1)2012.07.09 トップページに「北本の家」完成見学会の案内を追加
(2)2012.01.13 トップページに「こがねの家」完成見学会の案内を追加
会社バナー
ホームページをリニューアルしました。
当社の住宅に対するスタンス、設計コンセプトなどかみ砕いた説明をしています。
関連記事

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。