YaMa_Home blog -新潟木の家 自然素材の注文住宅-

自然素材とテクノロジーを匠が活かす。心地よいデザインと高い断熱・構造性能を目指して・・・山口工務店

建具枠の加工と無垢の風合い|アガチス

加工場では「坂井の家リノベ」の造作材の加工をしています。主に窓廻りの枠材、室内建具廻りに使う建具枠の加工です。

建具枠の加工|アガチス


こうした造作材の枠は無垢材を仕入れて1本、1本削って必要な形状に加工していきます。

R0030166_建具枠加工_アガチス

既製品建具であればドアも枠もカタログから選べば完成品でメーカーから入ってきます。システマティックという面では既製品は非常によくできていますが、塩ビシートで巻かれた既製品建具が作る建築空間は独特の緊張感とつややかな質感になり今一つ。
自然素材の偽りのない風合いと、住み手と共に歳をとる素材としては不適格と言わざるを得ません。

無垢を使う理由には、もちろん木を選び、適材適所で意匠や仕上がりをコントロールできる面も大きいわけですが、究極のところ「住み手が心地よく感じるため」にベストな材料を使いたい、室内に統制を持たせ綺麗に仕上げたいというところが一番の理由です。



建具の枠に使う材料は、アガチス。
アガチスは針葉樹に属する材ですが、一見すると広葉樹かと思うような滑らかな表情なのが特徴。

R0029955_アガチス建具枠

加工前の原板はラフカットの状態でまだ荒木の状態。ここから一本ずつ削って仕上げていきます。

長さを決めて、幅と厚みを仕上げる。そして溝を突く。こうして必要な形状にまで持っていきます。

R0030165_建具枠アガチス

アガチス材は薄く赤身掛かり、仕上りも良好。時間経過と共にもう少し赤身が増して味が出てきますのでそれもまた楽しみの一つ。

建築空間を構成する部分すべてに気を配って初めて良質な空間になります。どこも手を抜く場所はありません。
部分(部材、ディテール)から全体(空間)が生まれる。これもまた建築の基本です。




「坂井の家リノベ」の過去記事は左のカテゴリー、もしくはこちらのリンクから連続でご覧いただけます。

インフォメーション


■□ 問合せ先 □■
自然素材を使ったシンプルで快適、心地いい家づくりを目指しています。詳しくはwebをご覧ください。

新潟木の家 自然素材とテクノロジーを匠が活かす|山口工務店
TEL : 0250-62-0318
FAX : 0250-62-7977
E-mail : yamahome@chive.ocn.ne.jp
blog左のメールフォームからもどうぞ

■□ Facebookはじめました □■
山口雅和 Facebook個人アカウント(Facebookアカウントが必要です)
山口工務店 Facebookページ(どなたでもご覧いただけます)
FBページでは、BlogやTwitterで書いた事に対する追記や番外情報なども書いてます。

■□ 直近web更新 □■
(1)2012.07.09 トップページに「北本の家」完成見学会の案内を追加
(2)2012.01.13 トップページに「こがねの家」完成見学会の案内を追加
会社バナー
ホームページをリニューアルしました。
当社の住宅に対するスタンス、設計コンセプトなどかみ砕いた説明をしています。
関連記事

0 Comments

Leave a comment

1 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック