YaMa_Home blog -新潟木の家 自然素材の注文住宅-

自然素材とテクノロジーを匠が活かす。心地よいデザインと高い断熱・構造性能を目指して・・・山口工務店

自然素材仕上げと調和する木の内窓|MOKUサッシ(モクサッシ)

「坂井の家リノベ」の内装仕上げには、無垢フロアや和紙の壁紙、左官塗りなど、手にも五感にも心地いい自然素材リノベーション。

そして、開口部は断熱改修で断熱強化を図るわけですが、今回は既存のサッシを外して入れ替えることができないため、既存のサッシの内側にもう一枚、内付けでサッシ(内窓)を取付けます。

世に流通している内窓のほとんどは、樹脂製の内窓ですが、今回は内窓も木製でまとめます。

木の内窓 MOKUサッシ(モクサッシ)


内窓はサッシメーカーの領分で、メーカー各社が樹脂内窓を販売しています。
昨今は住宅エコポイント制度も相まって出荷量アップの後押しになっていました。

そこに後発として参入してきたのが無垢材の建材を得意とするウッドワン
ウッドワンは自社でニュージーランドに山を持ち、育ちの早いニュージーランドパイン(ラジアータパイン)の性質を活かして植林・伐採しています。

R0030593木の内窓MOKUサッシ

その無垢のニュージーランドパインで枠を組んで作ったのがこの木の内窓「MOKUサッシ(モクサッシ)」。

ウッドワンはサッシ分野では後発メーカー、しかも室内建具は作っていても窓をつくるのはこれが初。ただ、初参入とはいえ、厳密にはMOKUサッシは内窓なので必要性能は室内建具の範疇です。


MOKUサッシの搬入と取付け


現場に搬入されたMOKUサッシ。

R0030350_木の内窓MOKUサッシ

窓一枚一枚がていねいに梱包されています。
「坂井の家リノベ」現場では1、2階全ての開口部に内窓を設置しますのでかなりの量。

この建物は当時にしては珍しく、幅9尺(約2.7m)で2枚建ての掃出し窓が付いており、ここが最も大きな開口部。

R0030385木の内窓MOKUサッシ

そんな大きな既存サッシの開口部にも内窓としてMOKUサッシが取り付きます。

枠のディテールまで寄らないと写真では伝わりませんが、木製の窓はやはり質感としての当たりがやわらかくよい仕上がりです。

木の内窓のやわらかさと、開口部の断熱強化。素材感にまでこだわるならば樹脂内窓よりはこちらの木製内窓の方に軍配が上がります。


関連過去記事


2012.09.14 MOKUサッシ(ウッドワン)初採用、製作建具吊り込み|建具工事
2012.10.09 竣工写真アルバム|ディテール編(MOKUサッシ含む)




「坂井の家リノベ」の過去記事は左のカテゴリー、もしくはこちらのリンクから連続でご覧いただけます。

インフォメーション


■□ 完成見学会 □■
市野山の家」の完成見学会は2013年3月23日(土)、24日(日)を予定しています。
詳細は決まり次第、web・blogにてご案内いたします。

■□ 問合せ先 □■
自然素材を使ったシンプルで快適、心地いい家づくりを目指しています。詳しくはwebをご覧ください。

新潟木の家 自然素材とテクノロジーを匠が活かす|山口工務店
TEL : 0250-62-0318
FAX : 0250-62-7977
E-mail : yamahome@chive.ocn.ne.jp
blog左のメールフォームからもどうぞ

■□ Facebookはじめました □■
山口雅和 Facebook個人アカウント(Facebookアカウントが必要です)
山口工務店 Facebookページ(どなたでもご覧いただけます)
FBページでは、BlogやTwitterで書いた事に対する追記や番外情報なども書いてます。

■□ 直近web更新 □■
(1)2012.07.09 トップページに「北本の家」完成見学会の案内を追加
(2)2012.01.13 トップページに「こがねの家」完成見学会の案内を追加
会社バナー
ホームページをリニューアルしました。
当社の住宅に対するスタンス、設計コンセプトなどかみ砕いた説明をしています。
関連記事

0 Comments

Leave a comment