YaMa_Home blog -新潟木の家 自然素材の注文住宅-

自然素材とテクノロジーを匠が活かす。心地よいデザインと高い断熱・構造性能を目指して・・・山口工務店

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

建具建て込み|シンプルでニュートラルな建具デザイン

「市野山の家」は現場に建具が搬入され、手際よく建具の建て込みが行われています。

建具や造り付け家具の扉類はすべて製作建具としています。
建具はシナを基本に、建具自体のデザインは引手も含めて極力主張しないシンプルなデザインでまとめています。
凝ったデザインは時代に流行り廃りがありますので、長く使うものはニュートラルなデザインを意識する方がよく、また空間の中での馴染みもよくなります。

建具搬入


建具工事の流れは、現場での寸法採寸~製作図面を元に作業場での加工製作~現場搬入~建て込み・引手類の取付け~建具調整の順に進んでいきます。

R0031017シナフラッシュ建具

運び込まれた建具は出入り口の引戸からはじまり、造り付け家具の扉、引出し(抽斗)、ルーバーなどなど多種多様。

R0031013エアコンルーバー、引出し

写真左手に見えるエアコンルーバーは取り付く場所の天板と材を揃えてナラで製作。
右手には引出しなどが並んでいます。


建具建て込み


引戸などの建具は、建具自体を上からハンガー状に吊って可動させる上吊りを基本にしています。

R0031018建具建て込み_ハンガーレール

上吊りのハンガーレールを枠の上端に取付け、そこに建具を吊り込みます。
上吊りの建具は軽く滑走性もよいので開け閉めも楽。なにより床の敷居が不要になるためバリアフリーで段差もなく、掃除も楽。

扉にはドアと引戸がありますが、基本は引戸。引込みスペースがなく止む無くドアになる場合もありますが、引戸は開け放っていてもドアのような邪魔さがなく、且つ有効開口幅(出入り口の幅)も大きく取れます。

引戸のデザインはシナを使い、引手はアルミ製で上から下まで突き通したロング引手を標準にしています。

R0031080シナフラッシュ引戸_引手ケージーパルテックアルミロング引手

意匠的にシンプルながら、機能的にはどこでも手掛けになりますので子供から大人まで高さを選ばないユニバーサルデザイン。
両手がふさがっている時には足でも開けられます(というのは副産物効果(笑))

大工工事で造ったキッチン背面収納にも建具がすべて入りました。

R0031098キッチン背面収納建具

引手も特別凝ったものではなく、シンプルなアルミ丸棒。
窓上の飾り棚は、奥さまから見せる飾り棚というご希望で、棚受け金具は職人手作りのアイアン製でアクセントにしています。


関連過去記事


2013.02.22 造り付けキッチン背面収納ができるまで|大工造作工事
2012.07.11 建具建て込み|建具工事
2012.01.19 建具建込み、造作家具・建具の塗装
2009.08.18 製作建具の吊り込み




「市野山の家」の過去記事は左のカテゴリー、もしくはこちらのリンクから連続でご覧いただけます。

インフォメーション


■□ 完成見学会 □■
市野山の家」の完成見学会を2013年3月23日(土)、24日(日)に開催します。
詳細はブログ「オープンハウス(完成見学会)開催のお知らせ|市野山の家」からどうぞ。

■□ 問合せ先 □■
自然素材を使ったシンプルで快適、心地いい家づくりを目指しています。
詳しくは下記のリンクからwebをご覧ください。

新潟木の家 自然素材とテクノロジーを匠が活かす|山口工務店

お問い合わせは弊社ウェブサイト、またはblog左のメールフォームからもどうぞ。

■□ Facebookはじめました □■
山口雅和 Facebook個人アカウント(Facebookアカウントが必要です)
山口工務店 Facebookページ(どなたでもご覧いただけます)
FBページでは、BlogやTwitterで書いた事に対する追記や番外情報なども書いてます。

■□ 直近web更新 □■
(1)2013.03.14 コンセプト>「安心」ページ内の省エネ標準スペックを引き上げ、周辺解説も追記
(2)2013.03.12 「イベント」ページを新規作成
(3)2013.03.06 「採用情報」を更新
会社バナー
ホームページをリニューアルしました。
当社の住宅に対するスタンス、設計コンセプトなどかみ砕いた説明をしています。
関連記事

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。