YaMa_Home blog -新潟木の家 自然素材の注文住宅-

自然素材とテクノロジーを匠が活かす。心地よいデザインと高い断熱・構造性能を目指して・・・山口工務店

建方|壁・屋根のパネル化で高性能高品質住宅(動画付き)

「弁天橋通の家」は建方(建前)が終わり無事上棟しました。

今回は、壁と屋根をフルパネル化して合理的に構造と断熱気密の性能アップをおこなっています。

パネル化のメリットについては過去記事を参照。
2011.01.26 なぜ「金物工法+パネル工法」なのか?(3)- パネル工法編 -


建方


住宅地の一角に建つ弁天橋通の家は、敷地内に余剰スペースがなく、構造材だけならともかく、今回は壁も屋根もパネル化して現場に搬入しますのでとにかく場所がない。

R0032165_建方_木造軸組み在来工法

運よく隣が駐車場でしたので、そこに建方クレーンを配置、一部材料を仮置きしながらの建方となりました。


パネル搬入


通常は、建方が終わると順次屋根下地、壁下地、断熱工事と進みますが、今回は壁と屋根を予め工場生産しパネル化して現場搬入。

トラックに満載されたパネルが現場に次々に搬入。

R0032177_HP壁パネル運搬トラック搬入

R0032176屋根パネル

置場に困ります(汗笑)


屋根パネルの施工


構造躯体本体の建方が終わると、そのまま屋根パネルの施工に入ります。
屋根パネルの構造としては、垂木と野地合板、断熱材が一体化されており、内部に屋根面通気が取れるように通気層も設けてあります。

R0032181屋根パネル

パネルに組み込んでいる断熱材はフェノールフォーム90mm。
上の写真のパネル周囲で黒く見えるのが気密パッキン。屋根パネルを敷き込むことで同時に屋根面の気密処理が完了するようになっています。

今回の屋根パネルは十日町にあるドリームパネルさんの工場で製作。毎度お世話になっています。


弁天橋通の家の屋根は大らかな一枚の大屋根構造。そこに屋根パネルを一枚一枚吊り込んで固定していきます。

P1010528屋根パネル

P1010533屋根パネル_大屋根

今回、屋根パネルの上下の面材には地域材活用の目的で越後杉合板を使用しています。
一般的に使われる針葉樹合板と比べると、杉の赤身が所々入ったりと表情がまた違います。

屋根パネルの施工は、地上で割り付け図を元に順序良く振り分け、屋根パネルビスを先付けしクレーンで一枚一枚所定の場所に吊り込んでいきます。

R0032192屋根パネル

屋根では大工がそれを待ち構え専用の構造用ビスで屋根パネルを小屋組みに固定していきます。

R0032187屋根パネル留め付け固定構造用ビスタルキックⅡ

屋根パネルを止めるビスはパネルを貫通して小屋組みまで到達しなければいけませんので、長さが18.5cmあります。パネルには先孔が空いていますのでその先孔をガイドに正確に打ち込みが可能となっています。

使用する構造用ビスは「タルキックⅡ東日本パワーファスニング社製)」。

P1010540屋根パネルビス_タルキックⅡ

東日本パワーファスニングさんは木造の構造用ビスの分野ではパイオニア。構造用途で様々なビスを開発されています。


建方初日の作業はここまで。

R0032216_建方_屋根パネル

躯体の軸組と2階大屋根の屋根パネルの敷き込みが終わり、一部下屋は翌日作業となりました。

屋根パネルのお陰で屋根面はこれで屋根下地と断熱気密工事が完了しています。
効率的に工期短縮も図ることができ、屋根工事が短時間で終わるのでその後の雨の心配もなくなりありがたいです。

屋根パネル施工動画


屋根パネルの施工動画はこちらからどうぞ。



壁パネルの施工


翌日は壁パネルの施工。

壁パネルは当社では定番になっているHPシステムのHP壁パネル。こちらも認定工場で製作されて現場に搬入されます。

P1010572HPシステム壁パネル

壁パネルは耐力壁となる構造用面材と枠材、断熱材が一体でパネル化されています。
こちらも屋根パネル同様、通常は現場で壁下地や耐力壁の施工、断熱工事していくものが一気に完了します。

P1010580HPシステム壁パネル

パネル化のよさは、住宅性能の根幹をになう構造・断熱部分を合理的にバラツキなく性能化が図れること。誰がやっても変わらず高性能な躯体ができあがることです。

完成後見えなくなる構造は合理化し品質を確保。その分仕上げは大工らの手仕事で造作に注力する。そんなすみ分けがよいバランス感覚だと思っています。


関連過去記事


なぜ「金物工法+パネル工法」なのか?(3)- パネル工法編 -
高気密高断熱、耐震の次世代パネル工法|HPパネル(HPシステム) - こがねの家 -
建方:壁パネル施工 - 旭町の家 -
壁下地(パネル)完了 - 坂井の家 -




「弁天橋通の家」の過去記事は左のカテゴリー、もしくはこちらのリンクから連続でご覧いただけます。

インフォメーション


■□ 問合せ先 □■
自然素材を使ったシンプルで快適、心地いい家づくりを目指しています。
詳しくは下記のリンクからwebをご覧ください。

新潟木の家 自然素材とテクノロジーを匠が活かす|山口工務店

お問い合わせは弊社ウェブサイト、またはblog左のメールフォームからもどうぞ。

■□ Facebookはじめました □■
山口雅和 Facebook個人アカウント(Facebookアカウントが必要です)
山口工務店 Facebookページ(どなたでもご覧いただけます)
FBページでは、BlogやTwitterで書いた事に対する追記や番外情報なども書いてます。

■□ 直近web更新 □■
(1)2013.03.14 コンセプト>「安心」ページ内の省エネ標準スペックを引き上げ、周辺解説も追記
(2)2013.03.12 「イベント」ページを新規作成
(3)2013.03.06 「採用情報」を更新
会社バナー
ホームページをリニューアルしました。
当社の住宅に対するスタンス、設計コンセプトなどかみ砕いた説明をしています。
関連記事

0 Comments

Leave a comment