YaMa_Home blog -新潟木の家 自然素材の注文住宅-

自然素材とテクノロジーを匠が活かす。心地よいデザインと高い断熱・構造性能を目指して・・・山口工務店

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浴室:ハーフバスルーム採用で浴室は自由な仕上げに

「弁天橋通の家」では浴室にハーフバスルーム(ハーフユニットバス)が設置されました。

現在の浴室といえば浴槽~洗い場~壁天井材がメーカーでパッケージ化、ユニット化された“ユニットバス“が住宅に採用される浴室としては圧倒的ですが、壁や天井の仕上げまでメーカーで規格化されているため設計自由度には制約があります。

弁天橋通の家の浴室は壁をタイル貼り、天井を木の羽目板貼りとするので、腰から下だけがユニット化されたハーフバスルームを使用します。

R0032656TOTOハーフバスルーム浴槽洗い場ハーフユニットバス

現場に搬入された浴槽と洗い場のユニット。
昔のように左官職人が作る完全な在来工法浴室でも製作は可能ですが、防水面の信頼性ではやはりユニットバスが有利。コスト面でも在来浴室にするよりもコストは抑えられます。

ハーフバスルームの設置


ユニットバスを据え付ける前に、墨出しをしてユニットバスの脚がくる部分にコンクリートブロックを設置。

P1010725ユニットバス施工前のコンクリートブロック石の設置

ユニットバスの脚は土間の高さに対して短いので、コンクリートブロック石は2段積み。
コンクリブロックが緑色のテープで巻かれていますが、これはブロック相互を接着する際の固まるまでの仮留めです。テープで巻いてるわけではありませんので誤解のなきよう。接着剤が固まるまではズルッとズレるのです(笑)

その後、ハーフバスルームを据え付けます。

R0032889TOTOハーフバスルーム_ハーフユニットバスの設置

浴室内での位置調整、水平を調整すれば据付は完了。この後に出入口のドアを付け、給排水などの設備配管の繋ぎ込みをおこないます。

洗い場と浴槽がFRPのユニットで製作されていますので水漏れなどの防水面での信頼性は通常のユニットバスと同じ。
壁や天井の仕上げはフリーですので、タイル貼り、板張り、それぞれの素材の種類・形状は自由におこなえるのがよいところです。

浴室に付く窓廻りの下地防水も万全を期します。

R0032906TOTOハーフバスルーム_ハーフユニットバス窓廻りの防水

今回は窓廻りも含め壁がタイル貼りですので、タイル目地からの将来的な水の侵入も想定して、窓台付近の防水は入念におこないます。

よく古い既存の浴室(タイル張りの在来浴室)を改修するとこうした部分から水が回ってしまっていることがあるので、最悪水が回っても建物本体の木材を痛めないように配慮しています。




「弁天橋通の家」の過去記事は左のカテゴリー、もしくはこちらのリンクから連続でご覧いただけます。

インフォメーション


■□ 問合せ先 □■
自然素材を使ったシンプルで快適、心地いい家づくりを目指しています。
詳しくは下記のリンクからwebをご覧ください。

新潟木の家 自然素材とテクノロジーを匠が活かす|山口工務店

お問い合わせは弊社ウェブサイト、またはblog左のメールフォームからもどうぞ。

■□ Facebookはじめました □■
山口雅和 Facebook個人アカウント(Facebookアカウントが必要です)
山口工務店 Facebookページ(どなたでもご覧いただけます)
FBページでは、BlogやTwitterで書いた事に対する追記や番外情報なども書いてます。

■□ 直近web更新 □■
(1)2013.03.14 コンセプト>「安心」ページ内の省エネ標準スペックを引き上げ、周辺解説も追記
(2)2013.03.12 「イベント」ページを新規作成
(3)2013.03.06 「採用情報」を更新
会社バナー
ホームページをリニューアルしました。
当社の住宅に対するスタンス、設計コンセプトなどかみ砕いた説明をしています。
関連記事

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。