YaMa_Home blog -新潟木の家 自然素材の注文住宅-

自然素材とテクノロジーを匠が活かす。心地よいデザインと高い断熱・構造性能を目指して・・・山口工務店

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベイツガ手摺格子、アガチス内部建具枠の加工取付け|内部造作工事

「弁天橋通の家」では大工達の手で着々と内部造作工事が進んでいます。


吹抜け格子と手摺格子壁


弁天橋通の家は大屋根に包まれ、内部空間もまた屋根形状なりに傾斜した空間ボリューム。そんな2階ホールにはスタディーコーナー兼としての畳コーナーを配置しています。

畳コーナーの回りには、吹抜けを通じて繋がる1階のリビングと階段室をゆるやかに区画する格子を設けます。

R0033141階段手摺壁格子_ベイツガ米栂縦格子_大工手加工

格子にはベイツガを使い、縦格子と横桟同士を嵌合(かんごう=かみ合わせる)させながら組んできます。

こうした手加工の造作は寸法通り、遊びない仕上がりが要求されるのでていねいな仕事が求められます。

R0033132手摺壁格子_大工手加工

精度よくピシッと納まると我々は「いい仕事してるなぁ」という反応になります(笑)

大屋根なりの勾配天井が2階から下に見える1階に繋がり、格子がゆるやかに空間を定義するよう区画します。

R0033137手摺壁格子_ベイツガ米栂縦格子_大工手加工

目隠しするのであれば別の意匠も考えられますが、冷暖房の熱の回りを阻害しないよう極力1室空間として室内をつなげたいということもあり、“抜け感”を持たせた設計にしています。


建具枠の加工と取付け


現場を離れ、加工場では室内の建具枠につかうアガチス材の加工をしています。

加工前の荒木の状態の無垢材を、窓や内部建具の種類・大きさに応じて削り、欲しい仕上り寸法まで持っていきます。

R0032843建具枠の加工_アガチス

塩ビシートで包まれた既製品の枠であれば、カタログから選んで現場で組み付けるだけですが、それでは内部空間としての意匠的な調和もとれず、そもそもプリントシートを貼った既成枠はそれ自体が偽りを装っているといういさぎ悪さから、当社自然素材仕上げの仕様からは外しています。
そんな話は過去記事でもことある毎にしています。
例えばここ「2011.12.26 建具枠の加工~取付け|仕上げ品質の名脇役」でも。

R0032928建具枠の加工_アガチス

このアガチスはもちろん偽りのない本物の無垢材。どれだけ削っても無垢材という当たり前ですが、これが無垢材の証。
荒木の状態から、削ったり、溝を突いたりして適材適所の断面形状に仕上げます。

とはいえ、無垢材の扱いは手間がかかる。2つとして同じ表情のものがなく、削って仕上げると荒木の状態ではわからない外観上よくない表情が現われたりと個性豊か。

R0032923建具枠の加工_アガチス

全てを跳ねてしまうと使える材がなくなってしまいますので、よい材は1階リビングを中心とした人の目に付く場所へ回します。

R0032841建具枠の加工_アガチス

そして、比較的(見た目が)悪い材は2階に回すなどして木配りします。
それでもこれは悪すぎると判断したものは交換し新たに加工し直します。

そんな加工場での加工と使用場所の吟味を経て、建具枠たちは現場へ。

R0033049無垢窓枠アガチス

サッシの窓枠や、写真では少し分かりにくいですが、内部の引戸や物入れの枠として組み付けられていきます。

R0033050室内建具枠_無垢アガチス

無垢材を使うということは、木と対話すること。
良いも悪いも受け入れ、使う我々が合わせる。そして自然で偽りのない風合い・変化を楽しむ。
使っていくうちに時には狂いや割れが出るかもしれない。その時は手のかかるヤツと思って直すくらいの懐の広さを持ち合わせたいものです。
それは今の時代、どこか忘れ去られた心のゆとりのようなものですね。


関連過去記事


2013.03.01 カバ桜無垢フロア張り、アガチス建具枠加工取付け|風合いの要
2013.02.07 建具枠の加工と無垢の風合い|アガチス
2012.12.21 建具枠・造作材の加工と取付け|アガチス・チーク
2012.05.30 建具枠の加工と取り付け|アガチス
2011.12.26 建具枠の加工~取付け|仕上げ品質の名脇役
2010.08.23 窓枠・建具枠の加工、そして組み付け




「弁天橋通の家」の過去記事は左のカテゴリー、もしくはこちらのリンクから連続でご覧いただけます。

インフォメーション


■□ 問合せ先 □■
自然素材を使ったシンプルで快適、心地いい家づくりを目指しています。
詳しくは下記のリンクからwebをご覧ください。

新潟木の家 自然素材とテクノロジーを匠が活かす|山口工務店

お問い合わせは弊社ウェブサイト、またはblog左のメールフォームからもどうぞ。

■□ Facebookはじめました □■
山口雅和 Facebook個人アカウント(Facebookアカウントが必要です)
山口工務店 Facebookページ(どなたでもご覧いただけます)
FBページでは、BlogやTwitterで書いた事に対する追記や番外情報なども書いてます。

■□ 直近web更新 □■
(1)2013.03.14 コンセプト>「安心」ページ内の省エネ標準スペックを引き上げ、周辺解説も追記
(2)2013.03.12 「イベント」ページを新規作成
(3)2013.03.06 「採用情報」を更新
会社バナー
ホームページをリニューアルしました。
当社の住宅に対するスタンス、設計コンセプトなどかみ砕いた説明をしています。
関連記事

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。