YaMa_Home blog -新潟木の家 自然素材の注文住宅-

自然素材とテクノロジーを匠が活かす。心地よいデザインと高い断熱・構造性能を目指して・・・山口工務店

構造材の加工前材料検査|検査のポイント

製材所で「山田の家」で使う構造材の材料検査を行いました。

DSC01448_構造材材料検査_越後杉_梁

加工が終わり組み上げてから材料が悪いと言い始めても取り返しがつきませんので、加工を始める前に木材の良し悪し、水分管理状態(含水率)、化粧材の選定、強度・等級の確認をおこなうのが目的です。

特別な材料を使うわけではありませんが、こうして毎回加工前の材料検査をしているのはうちくらいかもしれません。

材料検査


検査する中で一番気を使うのが越後杉の仕上がり状態。
構造材に占める割合が高いこともありますが、製材~人工乾燥の行程を経ている訳ですが、材料毎の含水率の状態、材に入る節や割れの程度を見て目的の使用場所の材として使えるかどうかを確認していきます。

先ずは梁などの横架材から。

DSC01452_構造材材料検査_越後杉_梁

化粧梁として使う材料もあるため、見た目としての外観やどの面をどの部屋の方向に向けるか、回りの材料との木目や色味の調和(並んで見えた時のバランス)などを考えながら選定していきます。
製材所の方で予め何本か候補を用意していただいたものから合わせていきます。

同時に含水率(木に含まれてる水分量)を測定し基準値以下まで乾燥しているかも確認。乾燥が甘いと割れの原因になります。また、加重が大きく掛かる場所で含水率が高い材を使うと乾燥の過程でクリープ変形により梁のたわみ量が増大するので構造面にも影響があります。

DSC01451_構造材材料検査_含水率_越後杉_梁_高周波木材水分計HM8-WS25型

写真左の杉は含水率8.8%、右が17.8%と含水率は結構ばらつきがあります。勿論1本の中でも測る場所によっても違います。
含水率に幅があるのは相手が無垢材であるので仕方がありませんが、測定場所の材料密度、乾燥窯の中でどの場所にあったかなどで数値が変わります。
重要なのは基準値を超えるものがこちらの意図しない場所で混ざって使われてしまわないこと。相手は自然素材ですから使う我々が材料の個性に合わせるしかありません。

また、越後杉以外にも何本か集成材や米松材も使用します。これらの材は木材メーカーのいわば既製品で集成材、製材の米松ともにJASの格付けによるラベリング(シールや刻印)がされていますので品質の確認は楽で使う側の手離れもいいです。

構造用集成材は今回はこの一本だけ。

DSC01456_構造材材料検査_米松構造用集成材_梁

JAS認証工場からの出荷品として強度区分など性能値が書かれています。
これは米松集成材でE135-F375。構造計算上はE105で設計していますので余力も十分。

DSC01458_構造材材料検査_米松構造用集成材_梁_含水率計

集成材の含水率は計らずともJAS基準で15%以下であることとなっています。
実際に計ってもこのとおり。12.7%です。

米松も同じようにJAS認証工場からの出荷品であり、このように性能値が印字されています。
「E110以上 SD20」。E〇〇がヤング係数(材料のたわみにくさで数字が大きい方がたわみにくい)、SD〇〇が含水率を示します。

DSC01461_構造材材料検査_米松ドライビーム_梁_強度等級印字


梁の検査が終わると、土台、柱の確認。

DSC01471_構造材材料検査_米ヒバ_土台

DSC01473_構造材材料検査_杉柱

最後に写真はありませんが化粧柱の選定を済ませて一連の材料検査が完了です。

今回は大きく入れ替えるような材料もなく、ほぼ取り揃えた材料の中でまかなうことができました。
この材料検査も毎回のことなので、事前に製材所のSさんが気を配って選別してくれたおかげです。いつもありがとうございます。

DSC01464_構造材材料検査_越後杉_梁


関連過去記事


2013.05.22 構造材の加工前材料検査|木を見る、木を測る
2012.11.06 構造材製品検査|加工前検査とその意味
2012.04.17 構造材加工前の製品検査|工場製品検査
2011.11.04 構造材の材料検査


インフォメーション


■□ 問合せ先 □■
自然素材を使ったシンプルで快適、心地いい家づくりを目指しています。
詳しくは下記のリンクからwebをご覧ください。

新潟木の家 自然素材とテクノロジーを匠が活かす|山口工務店

お問い合わせは弊社ウェブサイト、またはblog左のメールフォームからもどうぞ。

■□ Facebookはじめました □■
山口雅和 Facebook個人アカウント(Facebookアカウントが必要です)
山口工務店 Facebookページ(どなたでもご覧いただけます)
FBページでは、BlogやTwitterで書いた事に対する追記や番外情報なども書いてます。

■□ 直近web更新 □■
(1)2014.01.08 施工事例に「弁天橋通の家」を追加
(2)2013.09.16 イベントページに「弁天橋通の家」完成見学会の案内を追加
(3)2013.08.23 施工事例に「市野山の家」を追加
会社バナー
ホームページをリニューアルしました。
当社の住宅に対するスタンス、設計コンセプトなどかみ砕いた説明をしています。
関連記事

0 Comments

Leave a comment