YaMa_Home blog -新潟木の家 自然素材の注文住宅-

自然素材とテクノロジーを匠が活かす。心地よいデザインと高い断熱・構造性能を目指して・・・山口工務店

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地盤調査|調査方法と改良判定率を下げる術

「五泉の家」の地盤調査をおこないました。家づくりがスタートする際、土地の上で何よりも先にするのがこの地盤調査。

DSC02288_地盤調査_スウェーデン式サウンディング試験_グラウンドプロ

地盤調査|地盤ネット「グラウンド・プロ」による調査



建物の下の地盤の良し悪しで建築コストとしては地盤改良工事が必要か否か、また改良が必要な場合、どの程度の深さまで杭を打たねばならないかで大きくコストが変わります。

DSC02258_地盤調査_スウェーデン式サウンディング試験_グラウンドプロ

今は、過去に地盤調査が行われた全国レベルのデータベースが整備されており、当社のような建築会社であれば匿名ですが近隣の地盤調査報告書を検索し閲覧することができます。

DSC02290_地盤調査_スウェーデン式サウンディング試験_グラウンドプロ

五泉の家のケースでは、その事前調査でも中々見通しが悪く表層の3~4m辺りまでは自沈層である予想をしていました。そして、当日の測定に立ち会うとほぼその予測どおりでこの場所も同じような地盤。

当社では過剰な地盤改良を無くしたい、今も続く地盤改良業者寄りな改良ありきの調査から脱却するため、調査と改良工事を切り離し、地盤調査と解析、そして地盤保証だけを請け負う地盤ネット株式会社の「地盤セカンドオピニオン」を導入しています。
詳しくは過去記事のこちらを参照:
2014.03.20 地盤調査|地盤セカンドオピニオンを利用し地盤改良不要の判定

正式な報告書はまだ手元に届いていませんが、今回はスウェーデン式サウンディング試験の中でも特に高精度な地盤ネットの調査機械「グラウンド・プロ」による調査と解析を持ってしても残念ながら改良工事が発生する雲行きです。。

それでも、当社の実績ベースで見ても地盤ネットの「地盤セカンドオピニオン導入以降、圧倒的に改良工事判定率が下がりました。むしろ殆ど改良工事になることがなくなったのは事実です。

最後に、調査の様子を解説付き動画でご覧ください。




敷地の向いには立派な桜が。

DSC02259_桜

DSC02297_桜

今回ばかりは桜は咲きそうにありません。

インフォメーション


■□ 問合せ先 □■
自然素材を使ったシンプルで快適、心地いい家づくりを目指しています。
詳しくは下記のリンクからwebをご覧ください。

新潟木の家 自然素材とテクノロジーを匠が活かす|山口工務店

お問い合わせは弊社ウェブサイト、またはblog左のメールフォームからもどうぞ。

■□ Facebookはじめました □■
山口雅和 Facebook個人アカウント(Facebookアカウントが必要です)
山口工務店 Facebookページ(どなたでもご覧いただけます)
FBページでは、BlogやTwitterで書いた事に対する追記や番外情報なども書いてます。

■□ 直近web更新 □■
(1)2015.11.26 イベントページに「太田の家」完成見学会の案内を追加
(2)2015.08.18 イベントページに「諏訪町の家」完成見学会の案内を追加
(3)2014.09.09 「採用情報」を更新(設計・施工管理スタッフ募集)
会社バナー
ホームページをリニューアルしました。
当社の住宅に対するスタンス、設計コンセプトなどかみ砕いた説明をしています。
関連記事

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。