YaMa_Home blog -新潟木の家 自然素材の注文住宅-

自然素材とテクノロジーを匠が活かす。心地よいデザインと高い断熱・構造性能を目指して・・・山口工務店

地鎮祭と地下水位調査

「五泉の家」はゴールデンウィーク明けの着工を目指して着工準備を進めています。
そして今日は、春の最高の天の恵みを受けながらの地鎮祭。

DSC02589_地鎮祭_五泉の家


地鎮祭



地鎮祭とは、平たく言えば工事に先立ってその土地の神様に許しを得て、工事の安全を祈願する儀式。

DSC02590_地鎮祭_神主_五泉の家


地鎮祭には建て主さん、ご希望で親族様関係者、そして我々工務店など工事関係者が出席して神主さんの取り仕切りの下で行われます。

DSC02592_地鎮祭_お神酒_五泉の家


そして、地鎮祭が終わると全員でお神酒で乾杯。
ぐいぐいと飲みたいところですが、車社会の現代は“呑んでるフリ“で我慢(笑)

地鎮祭が終わるといよいよ工事が始まるぞと気持ちが引き締まります。
その後、お客さまと建物配置の再確認とご近所挨拶回りを済ませて、ここで一旦解散。我々は現場に残り少し気になっていた地下水位の調査をしていきます。


地下水位調査とその目的


近隣の調査データからどうやらここは地下水位が高い可能性があるとの懸念があったのと、地盤調査の時はあいにくの雨で、試験孔を使った地下水位測定ができなかったため改めての調査。

DSC02608_地下水位測定


予想される地下水位は地表から1~1.5m。水位としては高いですが一般の住宅を建築するのであればそれほど大きな影響はありません。
しかしながら、我々の場合は建物の暖房方式に床下エアコン暖房を行うという点で少し普通とは違う注意が必要です。
床下暖房のシステム概念として、基礎断熱した建物の基礎を蓄熱体として室内に取り込みます。この時地下水位が高かったり、地下で水脈が流れているなどすると、地盤面に熱が奪われ暖房効率が下がる、最悪のケースでは基礎が常時冷やされ夏場に基礎が結露する場合もあります。

どの程度の深さまでの地下水位が建物の暖房計画に影響するかという明確な線引きはありませんが、概ね2m程度と考えるとよいでしょう。
地下水位の影響が考えられる場合の対策としては、基礎下全面に断熱材を敷き込み、地盤からの影響を切ることになります。


DSC02606_スウェーデン式サウンディング試験_ロッド_スクリューポイント


専用の地下水位測定器などは持っていませんので、スウェーデン式サウンディング試験機を使って孔を空け、そこに溜まった地下水位を測定する簡易的ですが手堅い方法で進めます。

ちなみにこのスウェーデン式サウンディング試験機、手回しの試験機で弊社の自前です。スウェーデン式サウンディング試験は人力による手回しが本来の試験方法。これが重労働な上、現代ではそれが機械により自動化が主流となっています。
もう10年以上は使っていなかったのですが、そもそも手回し試験機自体を自前で持っている工務店はどれだけいるのでしょうか。貴重です。

DSC02602_試験孔_地下水位測定


一から手回しで試験孔を空けるのは重労働なので、先日の地盤調査で空いた孔を再利用。ここにロッドを挿して孔を再び開け直し。ロッドを引き抜くと湿ったゲル状の粘性土が着いてきます。

試験孔が空いたことを確認し、しばらくしてから棒を差し込んで引き抜いた時の水跡を目視で確認し地下水位を判定します。

DSC02625_地下水位測定


3箇所ほど測定し、水跡を確認。
深さはまちまちですが、地下水位は概ね0.9~1.3m程度。状況から水脈のような水の流れはなさそうですが、水位は高そうです。

これとは別にご近所さんのお話からも地盤についてはよくないという話を聞いたのと、具体的に書きませんがこの地の地名も水にまつわるもの。街の名はその土地の歴史や土質を知るには重要な要素です。

これらを総合的に踏まえてしかるべき対策が必要だと感じました。


インフォメーション


■□ 問合せ先 □■
自然素材を使ったシンプルで快適、心地いい家づくりを目指しています。
詳しくは下記のリンクからwebをご覧ください。

新潟木の家 自然素材とテクノロジーを匠が活かす|山口工務店

お問い合わせは弊社ウェブサイト、またはblog左のメールフォームからもどうぞ。

■□ Facebookはじめました □■
山口雅和 Facebook個人アカウント(Facebookアカウントが必要です)
山口工務店 Facebookページ(どなたでもご覧いただけます)
FBページでは、BlogやTwitterで書いた事に対する追記や番外情報なども書いてます。

■□ 直近web更新 □■
(1)2015.11.26 イベントページに「太田の家」完成見学会の案内を追加
(2)2015.08.18 イベントページに「諏訪町の家」完成見学会の案内を追加
(3)2014.09.09 「採用情報」を更新(設計・施工管理スタッフ募集)
会社バナー
ホームページをリニューアルしました。
当社の住宅に対するスタンス、設計コンセプトなどかみ砕いた説明をしています。
関連記事

0 Comments

Leave a comment