YaMa_Home blog -新潟木の家 自然素材の注文住宅-

自然素材とテクノロジーを匠が活かす。心地よいデザインと高い断熱・構造性能を目指して・・・山口工務店

造作家具・床オイル仕上げ|施主工事

週末土日は施主工事で造作家具や無垢フロアのオイル仕上げをしました。

DSC08327オイル仕上げ施主塗装工事_カバ桜バーチ無垢フロア


グロスクリアオイル仕上げの特長



使うオイルは自然塗料プラネットカラーの「グロスクリアオイル」。当社では造作木部のオイル仕上げとして標準的に使っているオイルです。
缶は詰め替えして使っているので汚れてますが中身は新品です(笑)

DSC08320プラネットカラーグロスクリアオイル


グロスクリアオイルは100%自然由来のオイル。1回塗りした後、追っかけで拭き取るという作業工程です。オイル自体は薄い琥珀色、自然塗料ですので嫌な溶剤臭さはなく、その代わりに柑橘系やレモンのような匂いがします。

グロスクリアオイルには顔料は含まれておらず、木が濡れ色になる程度のクリア仕上げです。木肌を活かす仕上げに最適で、尚且つオイルとしては木の呼吸を妨げることなく耐摩耗性があります。


オイル仕上げの流れ



作業は2日間掛けて、造作家具と室内の階段や手摺・棚などの造作木部、そして無垢フロアを仕上げていきます。
床は無塗装のカバ桜。ここは始めに全面サンダー掛け(ヤスリで表面を削り素地を整える)をしてからのオイル仕上げになります。

DSC08328オイル仕上げ施主塗装工事開始


オイル仕上げの前後でのビフォーアフターは、上の写真と記事終盤同じ場所からの写真と見比べてください。
全体が濡れ色となり、オイル仕上げで木本来の風合いが浮き出るようになります。

床は最後ですので、まずは棚や造作家具類のオイル仕上げから。

DSC08323オイル仕上げ施主塗装工事


棚板を塗ぬ人、収納本体を塗る人と手分けしながらの作業。


テレビボードやスタディーコーナーのナラの天板だけは同じオイルを使った「オイルサンディング(油研ぎ)」で仕上げます。

DSC08375テレビボードナラ天板プラネットカラーグロスクリアオイル塗り


天板は最も人の手に触れる部分の一つですので、通常のオイル仕上げよりもうひと手間掛けます。オイルサンディングとは、オイルを付けた耐水ペーパーで表面を研ぐように削りながらオイルを塗り込むイメージ。
細胞レベルでは木の導管に削った木の削りクズとオイルを詰め込む作業です。こうすると手触りがツルツルに仕上がり、表面もよりしっかりとなり機能性と上質感が増します。


床のオイル仕上げ



1、2階全てサンダー掛けが終ると、いよいよ残すとこ床のオイル仕上げのみです。

DSC08390オイル仕上げ施主塗装工事_カバ桜バーチ無垢フロア_グロスクリアオイル


右が塗装前の無塗装のカバ桜、そして左がオイル仕上げをした床です。
オイル仕上げは木に命を吹き込むようなもので、仕上げの前後では全くの別物に。素材感や風合いが増すので、無垢を活かす仕上げではこれ以上のものはないでしょう。

DSC08395オイル仕上げ_カバ桜バーチ無垢フロア_造作家具_格子_カウンター収納


そして作業完了。全ての作業が終ったのは2日目の8時過ぎ。お疲れさまでした!!


最後は偶然いい画が撮れたので掲載。

DSC08391オイル仕上げ施主塗装工事_スタディーコーナーシナ


新しい住まいので初の夫婦共同作業。いい画が撮れました(笑)


インフォメーション


■□ 完成見学会 □■
「五泉の家」の完成見学会を2016年12月3日(土)、4日(日)に開催します。
詳細は当社ウェブサイトのイベントページまたは、完成見学会告知ブログ記事をご覧ください。

■□ 問合せ先 □■
自然素材を使ったシンプルで快適、心地いい家づくりを目指しています。
詳しくは下記のリンクからwebをご覧ください。

新潟木の家 自然素材とテクノロジーを匠が活かす|山口工務店

お問い合わせは弊社ウェブサイト、またはblogのメールフォームからもどうぞ。

■□ Facebookはじめました □■
山口雅和 Facebook個人アカウント(Facebookアカウントが必要です)
山口工務店 Facebookページ(どなたでもご覧いただけます)
FBページでは、BlogやTwitterで書いた事に対する追記や番外情報なども書いてます。

■□ 直近web更新 □■
(1)2016.11.17 イベントページに「五泉の家」完成見学会の案内を追加
(2)2016.05.18 イベントページに「内野の家」完成見学会の案内を追加
(3)2015.11.26 イベントページに「太田の家」完成見学会の案内を追加
会社バナー
ホームページをリニューアルしました。
当社の住宅に対するスタンス、設計コンセプトなどかみ砕いた説明をしています。
関連記事

0 Comments

Leave a comment