YaMa_Home blog -新潟木の家 自然素材の注文住宅-

自然素材とテクノロジーを匠が活かす。心地よいデザインと高い断熱・構造性能を目指して・・・山口工務店

庭は建築と一体に|植栽工事

五泉の家、外構工事ラストを飾るのは植栽工事。
建物は道路とほぼ隙間無く接しており、植栽スペースが限られてはいますがそこに樹木を植え込んでいきます。

樹木は建築を景観に馴染ませ、物腰柔かくなり樹木と建築とが互いに引き立てあうというよい関係です。


植栽工事



植栽工事はいつもお願いしている造園屋の雅楽庭 新光園さん。
設計段階では、こちらで建物との馴染みを意識しつつ植栽計画、樹木選定をします。植え込みする場所によっては樹の育ちの良し悪しなどがありますので、専門性の高い相談では新光園さんにいつも相談にのってもらっています。

今回植え込む主な樹木はナツハゼ、常緑ヤマボウシ、ホソバヒイラギ、ミツバツツジ、トキワマンサク、ナナカマド。その他は根締めで宿根草、苔類、タマリュウなど。

DSC08536_植栽_苔_タマリュウ

DSC08542_植栽工事_みかも石_面格子

足元はみかも石の段積みで周りを固め、足草として宿根草や数種の苔(コケ)を混ぜながら植え込みます。

DSC08682_植栽工事_みかも石_苔_和モダン

DSC08691_植栽_みかも石_苔_宿根草

季節柄、落葉時期ですので樹木としてまだ色気に欠けますが、来春になれば緑や花で飾ってくれるでしょう。

DSC08720_ナツハゼ落葉

落葉樹は春を待つようにひっそりとしています。

DSC08717_ミツバツツジの芽

これで庭が完成。

DSC08756_植栽_和モダン_みかも石_面格子_ヤマボウシ_ホソバヒイラギ

窓に付く縦の面格子との相性もよく、常緑ヤマボウシも紅葉が始まっています。
その他の木々も葉がつく春にはもう少し存在感が出るでしょう。

DSC08705_植栽_和モダン_面格子_縦格子_外壁ガルバリウム鋼板_ヤマボウシ紅葉

植栽の設え方は様々ですが、建物との馴染みを意識しつつ、建築一体で考えることが大切です。
建築が樹木を引き立て、樹木も建築を引き立てる。どちらが欠けても何かが足りない、そんな気がします。


インフォメーション


■□ 完成見学会 □■
「五泉の家」の完成見学会を2016年12月3日(土)、4日(日)に開催します。
詳細は当社ウェブサイトのイベントページまたは、完成見学会告知ブログ記事をご覧ください。

■□ 問合せ先 □■
自然素材を使ったシンプルで快適、心地いい家づくりを目指しています。
詳しくは下記のリンクからwebをご覧ください。

新潟木の家 自然素材とテクノロジーを匠が活かす|山口工務店

お問い合わせは弊社ウェブサイト、またはblogのメールフォームからもどうぞ。

■□ Facebookはじめました □■
山口雅和 Facebook個人アカウント(Facebookアカウントが必要です)
山口工務店 Facebookページ(どなたでもご覧いただけます)
FBページでは、BlogやTwitterで書いた事に対する追記や番外情報なども書いてます。

■□ 直近web更新 □■
(1)2016.11.21 コンセプト>「安心」の省エネグレード別の性能と仕様表を更新
(2)2016.11.17 イベントページに「五泉の家」完成見学会の案内を追加
(3)2016.05.18 イベントページに「内野の家」完成見学会の案内を追加
会社バナー
ホームページをリニューアルしました。
当社の住宅に対するスタンス、設計コンセプトなどかみ砕いた説明をしています。
関連記事

0 Comments

Leave a comment