YaMa_Home blog -新潟木の家 自然素材の注文住宅-

自然素材とテクノロジーを匠が活かす。心地よいデザインと高い断熱・構造性能を目指して・・・山口工務店

中国建築探訪も悪くない?

北京オリンピックが終わり、ようやく周りでもオリンピックムードが落ち着いてきた感じがします。

建築的には、北京オリンピック需要や中国の高度経済成長を理由の一つに、ここ数年は国内の鋼材価格の高騰が続いたり、さらには木材(輸入原木)までもが高騰する始末。

大陸の需要は小さな島国日本の需要から比べたらはるかに大きいのかもしれません。それから売り手からしたら品質に細かい日本に売るよりは中国へ売った方が楽なのかも知れません(汗)


そんな話はさておき(また脱線気味)、建築を見にあちこち行くのが好きな私なのですが、今まで中国を建築探訪的視点から見たとき、歴史的伝統建築は別にして(行ったことはないけど!)中国の建築ってなんだかパッとしない(失礼!)なぁと(汗)
中国で見ることができる現代建築というと、日本人の感覚からするとなんとなく嫌みなデザインのものが多い印象があったのです。

ですが、オリンピック絡みもあり、ここ数年は海外から著名な建築家が入っていくつもの建築が作られたせいもあり、今まで「現代建築を見に中国にいきたい」とは思わなかったのが、「見に行きたいなぁ」と思うように(笑)←単純?

ということで、中国の現代建築のトップ10を紹介しているページがあったのでご紹介。
これを見て心躍る方はかなりの建築好きです、私と一緒にいざ中国へ!と計画しましょうか(笑)

top ten Chinese modern architecture

Top ten Chinese modern architecture (Chinese-architecture.info

北京オリンピックの開閉会式、競技場として使われた通称「鳥の巣」などももちろんトップ10入りしています。

オリンピックが閉幕した後、関連施設も含めどう使われるていくかが少々心配です。
使われない建築ほど建築としての価値のないものはないわけですから・・・

どこぞとは言いませんが、作っただけであとは放置されて廃墟のように歳を取るのではなく、使われながら歳を取っていく、そんな建築がいい建築だと思います。
関連記事

0 Comments

Leave a comment