YaMa_Home blog -新潟木の家 自然素材の注文住宅-

自然素材とテクノロジーを匠が活かす。心地よいデザインと高い断熱・構造性能を目指して・・・山口工務店

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

構造が意匠になる

先日現場に行った時、駐車と休憩がらてら行った「日本海タワー」。

新潟生まれの新潟育ち(ちょっとだけ出てた)の私ですが、初めて行きました。
(普通はこうした用もなければいかない場所ですが)

水道用配水池施設+展望台として建てれたものですが、完成が1970年ということで、大分古さが目立ってきてます。。。

ちなみに屋上が回転展望台になって簡単な喫茶もできるようになっているそうです。
折角来たので展望台に・・・と思ったのですが、入場料(大人300円)が掛かると知り、止めました(笑)

日本海タワー1

この中に2層に分けられた貯水層があります。
ちょうど建物の底部と上部に縦のヒレ状のものが見える場所に貯水タンクがあります。

このヒレは構造的には貯水層に貯められた水の水圧が外周の壁を押した時に壁を守るもの。
構造上は壁梁として設計しています。ちょうど床の梁を垂直に立てたような状態です。

こうすることで全体の壁厚は一定にしつつ、必要な場所にだけ壁に強度と剛性を持たせています。
その結果、こうした日本海タワー独特の意匠となっています。

「構造が意匠になる」この思想は私もいつも忘れないようにしています。

日本海タワー2
ちょっとわかりにくいですが、こんな感じで内部は水槽が2層構造となっています。
・・・この目で見てないけど!
関連記事

- 2 Comments

真  

これも近代水道百選!

この建物も「近代水道百選」なんですね。わが町の1930年建造「東山給水塔」と同じです。
また、近所の配水場はこれと同じ2槽式(PCコンクリート造)なんですよ。
この種の建造物は造形的に面白いと思います。

(余談になりますが)今頃なんですが・・・^^;
新潟市で思い出すのが、政令市移行記念歌「ありがとう 新潟」・・・ご存知でしたかぁ^^/
作 曲:遠藤  実、編 曲:庄司  龍、作 詞:小林直司(公募歌詞最優秀賞)、補作詞:いではく
★歌は秋川雅史さんです、新潟市のHPで聴けますよ♪

2008/09/13 (Sat) 08:58 | EDIT | REPLY |   

masakazu  

真さん

http://www.city.niigata.jp/info/kikaku/kinenka/kinenka-DL.html

そんな歌が出来てたんですね、、初めて↑聞きました(爆)
新潟暮らしがまだ浅いもので。。。(苦笑)

こんなところでも秋川さんの声が聞けるんですね。

2008/09/13 (Sat) 12:40 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。