YaMa_Home blog -新潟木の家 自然素材の注文住宅-

自然素材とテクノロジーを匠が活かす。心地よいデザインと高い断熱・構造性能を目指して・・・山口工務店

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週末は金沢へ

週末、友人の結婚式に出席するため1泊2日で金沢へ行っていました。

(○○君、結婚おめでとう!)

080405金沢1


以前まで勤めていた会社では、仕事がら月に何度も電車であちこち出張していましたが、流石に今は地元密着型で(苦笑)かつ車社会なので、全く電車に乗る機会が無くなりました。



以前、富山県の金沢よりの高岡市に住んでいたこともあって、金沢にはよく行っていました。
今回金沢に来たのは半年ぶりでしょうか。久々なような気もしますが街並を見るとどこか懐かしい気もします。

080405金沢2


金沢の玄関口、金沢駅には3年前に竣工したばかりの新しい金沢の顔、”もてなしドーム”と”鼓門”があります。

アルミの立体トラスドーム(もてなしドーム)と構造用集成材の門(鼓門)の”金属”と”木”の造形。

金沢の顔である駅前にこのボリュームでこの組み合わせ。計画段階から”異物感”という論点で賛否両論がありましたが、見慣れれば「・・・ま、いいのかな」と^^;←ヒトゴト?

”もてなしドーム”と”鼓門”については、その昔私のブログでも書いたことがあるので、興味のある方はググった後にでもこちらを・・↓

 ◆建物探訪 in 金沢(もてなしドーム&鼓門) <音楽と建築と日々の生活>

・・昔書いた自分のブログ、改めて今見ると内容など恥ずかしいものがありますね(苦笑)

当時(3年前ですが)とは撮影しているカメラも違うので、当時(PENTAX OptioS)と今(RICOH GX100)とで画だけでも随分違うものです。



いつ見てもデカデカとねじれています(笑)

080405金沢3


今の時代、このサイズで柱や重ね梁、面格子を精度よく設計(構造設計)に載せてやろうと思うと材料には”構造用集成材”が使われます。
勿論、無垢材でも設計することも可能ですが、材料調達から品質確保、施工精度等々、総合的に判断すると集成材が選ばれます。

この鼓門は米松構造用集成材使い、極力見えないように隠してありますが接合部を金物でジョイントしています。
樹種は違えど、現在建築中の当社「坂井の家」も考え方は同じ集成材金物工法を採用しています。
関連記事

- 2 Comments

keiji1974  

(ノ´∀`*)

せんだいメディアテークをちょっとだけ思い出しました!
・・・初コメちょっと緊張(ノ´∀`*)

2008/04/07 (Mon) 19:42 | EDIT | REPLY |   

masakazu  

keijiさんこんにちは。

そう言われればせんだいメディアテークもネジネジでしたね。
あちらは鉄の無骨な存在感ですが、こちらは木ですね。

緊張せずに気楽にコメントください(苦笑)

2008/04/07 (Mon) 22:40 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。