YaMa_Home blog -新潟木の家 自然素材の注文住宅-

自然素材とテクノロジーを匠が活かす。心地よいデザインと高い断熱・構造性能を目指して・・・山口工務店

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柿の収穫までもう少し

柿の収穫までもう少し。
柿の色付きの変化を見ていると秋を感じます。
081006柿1

Ricoh GX100

品種によってはもう店頭に並んでいますが、こちらの柿は日当たりの場所によって青からオレンジ色に徐々に色付き始めています。

081006柿2

Ricoh GX100

実が熟せばそのまま食べれそうですが、あいにく渋柿なのでそのままでは食べれません。
収穫してからヘタの部分にサッと焼酎を付け、さわし柿にして渋みを抜き甘くなったところで頂きます。
この辺(新潟)では「さわし柿」と言うのが一般的ですが、世間的には「樽柿」というのでしょうか。

柿の中にはもともと甘い甘柿もありますが、私は昔から渋柿から造るさわし柿の方が好きです。
特に果肉が少しやらわかくなった頃が格別なのですが、それを味わうまでにはもうしばらく待たねばなりません。

<追記>
いよいよ、明日は朝から「旭町の家」の建方です。

新潟は昨日から雨が降り、建方当日の天気も危ぶまれましたが、明日からは天気も回復するようでひと安心しています。
関連記事

- 2 Comments

文音  

こんにちは
こちらには初書き込みです
これがわたしのBLOGのコメントに書いていた 御実家の柿の木ですか?
シブガキは…
子供の頃 近所の軒下から盗んだ事があります(^^;)

2008/10/17 (Fri) 17:16 | EDIT | REPLY |   

masakazu  

文音さん

盗みはいけません(笑)
今はもう大分熟してきていて色づきもよくなっています。日当たりのよいものはもう収穫してもいいかもしれません。

この木一本でも大分生っているので、全部さわし柿にしても食べきれないくらいです(苦笑)

2008/10/17 (Fri) 18:03 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。